【キャンプ場レポ】田貫湖キャンプ場のBサイトを攻略したい!

profile img

emi(えみ)

contents section

Follow
フォローする

田貫湖キャンプ場のBサイトでキャンプをしてきました♪

大人気のAサイトではなく、あえてBサイトで予約を取りました♪
前にAサイトでキャンプをしたのですが、次は絶対にBサイトでキャンプしてみたいな〜と思っていたので楽しみでした。

↓前回のキャンプのブログはこちら。

今後AサイトかBサイトかで迷っている方の参考にブログ書いていきます。

田貫湖はオートサイトではない!

まず田貫湖キャンプ場ですがオートキャンプ場ではありません
Aサイト側に受付があるのですが、そのAサイト側にリアカーがありそれで荷物を運び入れることができます。
もちろん、自分たちで持ってきたアウトドアワゴンなどカートで運び入れてもOKです。
受付側からAサイトまでは運ぶのが楽ですが、Bサイトまではかなり距離があります、、、。

田貫湖マップ
田貫湖マップ

前に来た時リアカーがBサイトの入り口に置きっぱなしになっていて、てっきりBサイトにもリアカーがあると思っていたのですが、リアカーはAサイト側のみにしかおいてありません

Bサイト側に駐車場があり、そこから運び入れることも可能です。

Bサイトの駐車場
Bサイト駐車場の注意点

Bサイトの駐車場は10台ほどのスペースしかありません。駐車の仕切りがないため無造作に停められているともっと少ない台数しか停車できないこともあります。
ただ少々の路上駐車ができるスペースがありました。
散策目的で来られている方の車もあるため、突然、あくこともあります。

こんな看板が取り付けられていました↓

「キャンプ場への入り口は東側入り口の1ヶ所となっています。ここからは絶対に入場しないでください!」

ここから入っちゃダメ!という看板ですが、、、受付ではBサイト側からの荷物の運び入れOKを聞きましたので、運び入れ可能です。
みなさんここから運び入れていました。

Bサイトに駐車出来なかった方はAサイトからリアカーや自分たちのアウトドアワゴンで荷物を運び入れていました。
坂が多いので大変ですよ〜〜。
私たちは荷物がたくさん積載できるリアカーを使いたかったので、Aサイトに駐車しリアカーとアウトドアワゴンで運び入れました。
おすすめはアウトドアワゴンよりリアカー!
アウトドアワゴンでの坂の登り降りが辛すぎた〜〜。
リアカーを借りた場合、Aサイトの元の位置に戻す必要があります!
次に使いたい人が待ってます。

Bサイトで場所を探す!

BサイトはAサイトと比べて、平な場所が多く、トイレも水場も使いやすいです。

Bサイトは↓Googleマップで見るとこのようになっています。
黄色い線は歩道です。歩道は散策の人も通るし自転車も通ります。早朝におしゃべりしながら散歩する人もいる公園です。

Bサイトは湖を感じる場所は少ないのですが、富士山は意外と見えます!
ピンクの丸で囲った場所は特に富士山が見える場所です。
ただ草木が生い茂る季節は一部見えにくくなることもあるかも。

この写真の白いテントはAからBサイトに入ったところに設営しています。
ここはBサイトの中でも富士山も湖も堪能できる唯一の場所かもしれません。場所としては狭めですが、最高の景色なんです♪
ただここは注意点があって、この左側に湖と富士山が撮影できるスポットがあり散策の人がよく通ったり、写真撮影される方、釣りを楽しむ方が多数通ります

実際に早朝に朝日を拝もうと、かなりの人の往来がありました。
テントの前も後ろも人が通ります。でも道がある場所なので仕方がありません。

そしてAサイトと側に大きいテントを設営され、目の前にテントがきてしまうというリスクもあります。
炊事場は近いですが、トイレはAサイト側もBサイト側もまぁまぁ遠いという場所です。
というわけでここは、人の多い日はおすすめしにくい場所です。

次に真ん中のピンクの丸の部分です。ここは富士山がばっちり見えます。

木の葉っぱがあまりないのでしっかり見えていますが、あまり前の方に設営すると木々の葉っぱで富士山は隠れるかもしれません。

右の奥にトイレがあり水場もトイレも使いやすい。そして平な部分が多いです。
ファミリーも使いやすかったり、グループが集まりやすそうです。

次は左側のピンクの丸の部分です。

左に見える炊事場やトイレが近く、便利!そして広く平な場所が多く、設営しやすいです。
富士山はどうかというと、、、

結構見える!奥に行けば行くほど見える感じでした。

ちょっと前に行くと、小高い丘に生えている木々で隠されてしまいます。
この丘に設営されている方もいます。

ここもトイレも近いしファミリー、グループに大人気の場所。

Bサイトの穴場?的な場所も紹介

まずは赤丸の1の場所。

ここは富士山は見えません。湖も木々の間から存在は感じるけどそこまで見えません。
プライベートが楽しめそうな半林間サイトって感じです。

赤丸の2の部分

広いです。奥は林間として使えます。
目の前の景色は↓こちら

先ほどの赤丸1のサイトが目の前に見えます。
テントがたくさんきたら、湖は見えません。
広くて設営しやすそうな場所です。

まさかの穴場、赤丸の3の場所↓

完全な林間です。しかしここから富士山はばっちり見えました。
ただ、左側の部分にテントがきたら、富士山は隠れちゃうかもです。
グルキャンだったら楽しそうな場所ですね♪

私たち夫婦は赤い星印の部分で設営しました。
グルキャンやファミリーが多めだったので、プライベートを楽しめそうなところに!

目の前はかすかな富士山。
左側に湖に降りられる道がありましたが、湖がばっちり見られる感じじゃありません。

プライベート感を楽しめました。

Bサイトのトイレと水場ですが、トイレは数もたくさんあり、ウォッシュレットつきの綺麗なトイレでした。
設備はAサイトとほぼ同じ。
コインシャワーもあります。
水場も広いし2ヶ所設置されているのが便利。
ゴミ捨て場も充実しています。灰やガス缶なども捨てられます。

以上、田貫湖キャンプ場のBサイトの詳しい説明でした〜。

Aサイト

Aサイトは坂が多いため設営するのに苦労する場所もありますがBサイトは水平な場所が多いので設営しやすかったです。

キャンプの内容はまた別にアップしたいと思います!

動画で詳しく紹介しています。ぜひ、ご覧くださいっ〜♪

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
\ 気になったらシェア /
Follow
フォローする

related post

関連記事

  • 【キャンプ場レポ】現在絶賛開発中!富士見の丘オートキャン

    富士見の丘オートキャンプ場へ行ってきました! 今回も、いいこと、よかった!ことも、これは改善した方がいいのでは?、これはみなさん注意した方がいい!!ってことを、書いていこうと思います〜(*´・ω・`)b 富士見の丘オートキャンプ場について 2021年1月にオープンしたばかりのほやほやキャンプ場 予約のホームページはありますが、公式ホームページのようなものは現在(2021年4月)ではありません。

  • 【キャンプ場レポ】プレオープンのnegura campg

    伊豆の入り口、静岡県田方郡函南町(たがたぐんかんなみちょう)にあるnegura campgroundへ行ってきました。ネグラキャンプグラウンド、、、通称はやっぱり“negura (ねぐら)”ですかね?? こちらのキャンプ場はただいまプレオープンスタイルとなっています。というのも、絶賛開発中!なのです。クラウドファンディングで協力させていただき、オープンを楽しみにしていたのです。そんな折、「

  • 富士見の丘オートキャンプ場でブラジル料理ムケッカを楽しむ

    富士見の丘オートキャンプ場でのキャンプのレポです〜♪  どんなキャンプ場かは前回書かせていただきました↓ www.emicamp.com 現在、開発中のほやほやキャンプ場なので料金や予約方法などは、変わってくるかもしれませんのでご了承下さい。 「富士見の丘オートキャンプ場」の入場証。 入場証をもらったら、車の窓の見えるところにおきます。 でも、スタッフさんが見回りにくることは無かったかと思います

  • 冬の朝霧ジャンボリーオートキャンプ場③夜編 夕食ごたごた

     いつもありがとうございます。emiです。 朝霧ジャンボリーオートキャンプ場のレポの続きです。   もしよろしかったら、①と②もよろしくおねがいしますっ。 カメラはSONY RX1RM2です。 今回は③です!今回は反省するべき点がありました、、、、    スーパーぎんこうで購入した豆腐の上に温度計。 18時半。外はマイナス4度。寒くなってきました。   夕方頃にダッチオーブンでビーフシチュー

  • プレオープンのnegura campground!強風の

    前回、negura campgroundさんのキャンプ場レポを中心にブログをアップしました。今回はキャンプの模様を書いていきたいと思います♪↓キャンプ場レポのブログはこちらです。 EMI CAMP【キャンプ場レポ】プレオープンのnegura campgroundへ行ってきました!https://www.emicamp.com/neguracampground伊豆の入り口、静岡県田方郡函南町(

  • 【前半】2021年11月ふもとっぱらでキャンプ!広大な敷

    ふもとっぱらキャンプ場。多くの人に知られているキャンプ場ってすごい。たぶん、遠く離れた地域のキャンパーもほとんど知ってるんじゃないんでしょうか。 ふもとっぱらに初めて来た時2018年だったと思うのですが、トイレ事情がキャンパーが懸念していることでした。簡易トイレがキャンプ場内に点在しているという感じで、私はあまり気にならないと思いましたが、小さなお子さんとかいるファミリーに

  • ふもとっぱら【2019年10/14より新料金へ変更】

    ふもとっぱらキャンプ場の料金が2019年10月14日より変わることになりました。 今まで、テントの数や大きさで料金が設定されていて分かりにくいなと思っていたし、その日の天気で持ってくテントも変わるかもしれないしなぁと思っていたのですが この度、人数計算に変更されるようです!   メールの内容です。 ↓ 平素より、ふもとっぱらをご利用いただきありがとうございます。 この度、お客様の利便性の向上の一

  • 好みの場所を見つける「朝霧ジャンボリーオートキャンプ場」

    3度目の朝霧ジャンボリーオートキャンプ場に行ってきました。前回の山伏オートキャンプ場も3度目でしたが、いいなぁと思うキャンプ場はリピートしてしまいます♫ 朝霧ジャンボリーオートキャンプ場は有名なキャンプ場です。隣にゴルフ場もあることからキャンプ場じゃなくてゴルフ場なら知っているという人もいるし、朝霧JAMで知ってる!という音楽好きもいるでしょう( •⌄• )◞でもやっぱりキャンプ場

  • 近年のキャンプブームにより予約困難

    10月にふもとっぱらキャンプ場へ行ってきました。 愛機、RX1RM2をもちまして、、はりきってキャンプに臨みました〜٩(●˙▿˙●)۶ 二度目のふもとっぱらのレポは後日書きます。   なぜ、このキャンプ場になったのかという経緯を書きたいと思います。     三度目のキャンプなのですが、、 一度目は 四尾連湖 二度目は ふもとっぱらキャンプ場 こうきたら、違うキャンプ場に行ってみたい〜なんて思って

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。