近年のキャンプブームにより予約困難

profile img

emi(えみ)

contents section

Follow
フォローする

10月にふもとっぱらキャンプ場へ行ってきました。

愛機、RX1RM2をもちまして、、はりきってキャンプに臨みました〜٩(●˙▿˙●)۶

f:id:camera-yurucamp:20181029111806j:plain

二度目のふもとっぱらのレポは後日書きます。

 

なぜ、このキャンプ場になったのかという経緯を書きたいと思います。

 

 

三度目のキャンプなのですが、、

一度目は 四尾連湖

二度目は ふもとっぱらキャンプ場

こうきたら、違うキャンプ場に行ってみたい〜なんて思っていたのですが、、

どこもかしこも大人気!

 

実は1ヶ月半位前にパインウッドキャンプ場に電話したのですが、、

電話に出た人がとっても怖くて彡(-ω-;)彡 

パインウッドに行ったことがなかったので、キャンプ場の中でもサイトはどのあたりになるか予約するのか聞いた所、、

「きたことあんの?!ないのか、当日きてみないとどこになるかわからないよ!

 テントの数とかそーいうので変わってくるから、来て決めるんだよ!」

とろれつが回らないような強い口調で言われました。

私、こういう変わってる感じの人が結構好きなので、喰い下がらず

「へぇ〜〜、そうなんですね。行ってから決めるんですね。テント数が複数あったら2サイトとか隣同士になりますか?」

と聞くと

「それも来てみないとわかんないよぉ!」と言われました。

 

全員でテントは4張りくらいあるのでパインウッドはちょっと厳しいかなと思い

また再度練り直すことに。

パインウッドの近くにできた「ほったからしキャンプ場」は満員でした。

 

それでも、キャンプ場なんてたくさんあるし、ぱっと決められるよね〜なんて思っていたのが間違いでした、、、(;´Д`A “

 

私たちが探しているキャンプ場はだいたい富士山の周りのキャンプ場です。

富士山が見えるキャンプ場にしよう!ということだけ決めてのんびりしていたんです。

ヾ(*´∀`*)ノ

それでなんとなく決まったのが田貫湖キャンプ場でした。

予約なしで行けるのですが、オートキャンプ場ではなくて、駐車場からリアカーで荷物を運ぶタイプです。

四尾連湖を思い出す。。

あの時は1回目のキャンプだったから荷物少なかったけど、、大丈夫か??

それから田貫湖キャンプ場を調べた所、とっても人気のキャンプ場だとわかってきて、

当日、受付時間になると行列になり、リアカーが空くのを待ち、場所取りもけっこう大変だということが判明。

これも最近のキャンプ人気が始まってからのようですが、4張りのテントの場所取りができるのか不安になってきました。

 

車で場所をとることもできないし、、

f:id:camera-yurucamp:20181030181626j:plain

実際こんな感じになるらしいです。

 

テントが張られていない場所は坂になっていて過ごしにくい場所のようです。

 

1週間前になって、やっぱりオートキャンプ場にしようか、、

荷物も結構あるし、、と弱気の私たちは、他のキャンプ場を探し始めました。

 

行ってみないとわからない自由キャンプ場。

このシーズンに行ってみないとわからないってダメだよね、と却下。

 

本栖湖キャンプ場と、洪庵キャンプ場は絶対混んでいるので却下。

 

ウッドペッカーキャンプ場!

富士山見えないけど、林間キャンプよさそうだね!と、盛り上がり

ここなら予約できそうで予約したところ電話が、、。

「今の時期、ゆっくり静かに楽しみたいというお客さんが多いので、五人のお客さんはちょっとお断りしているんです」とのこと。

「サイトはちょっと離れてしまうけど、空きはあります、でも、五人だと、、」

 

夏場は子供達も遊べる遊具があって、楽しいキャンプ場!なんですが、

この時期は、静かに楽しんでほしいらしく、22時には就寝してほしい、21時には

ひそひそ声でもちょっと、、困る、ということでした。

 

私たちもいい年齢の大人なのでそこまでうるさくはしないと思うんですが、、

こう最初に言われちゃうと何を話しても気にしちゃうんじゃないかって思ってやめておきました。

なんだか、何もしていないのに怒られた感じでショボーンとしちゃいました。

・゚・(。✖д✖。)・゚・

気を取り直して!

朝霧ジャンボリーは?と3日前にネット予約した所、、、

満員になったため受付できませんでした、と返事。

 

まじか〜

 

あの大きいサイトで満員ってやばいよね。

 

 

しかし、実は保険で朝霧ジャンボリーに問い合わせをし返事をもらうまでに

ふもとっぱらを予約しておいたのです!

 

ふもとっぱらも前までは予約制ではなかったのですが、

近年のキャンプブームにより予約制度ができました。

予約していけば「ゴミ袋」がもらえる特典つきです。

 

当日もいけますが、入れない可能性もあります。

 

もうふもとっぱらしかない、、、

という感じでふもとっぱらへ!!!!

 

次の日、ふもとっぱらのホームページの予約は満員のため締め切られていました。

 

えぇ〜!!よかった、予約しておいて。

 

\ 気になったらシェア /
Follow
フォローする

related post

関連記事

  • 12月、冬キャンプにいくぞ!初張りトルテュライトでpic

    こんにちはemiです。   トルテュライトを購入して、早く建ててみたい使いたいという気持ちが高まっていたこともあり、12月の休みに早速キャンプへ行くことを決めたのです。 私たち夫婦と友達の三人で行くことになりました。   勝手に愛読しているブログ「今日もどこかで野あそびを」に出てくるトルテュライトテントを眺めつつ、、こんなにピンと綺麗にはることができるのか?と不安になってなんども設営動画も見ました

  • 冬の朝霧ジャンボリーオートキャンプ場②氷点下キャンプ△

    こんにちは!emiです。 朝霧ジャンボリーオートキャンプ場②です。   もしご覧いただけるのならば、①はこちらです↓     2019年初キャンプ。 1月19日20日に行きました。冬のキャンプに興味のある方、初心者の私のブログをみて参考になったら幸いです。主に朝霧ジャンボリーの電源サイトのことですが、、。   今回選んだキャンプ場は朝霧ジャンボリーオートキャンプ場です。 最近、キャンプブームなので

  • 12月、冬キャンプ!pica富士吉田(後半)焚き火のため

     前半からの後半の記事です。 焚き火ファッションにも少し触れます。   www.emicamp.com   pica富士吉田 pica富士吉田の電源サイトBでキャンプしました。   12月15日、16日の二日間。 気温は最低マイナス5度ほどまで下がりました。   22時以降、夜はとても静かでした。 林間サイトなので、音を吸収するというのもあるかもしれません。   picaの朝。 ポットに残っ

  • ぶらり静岡県!田貫湖キャンプ場 

    こんにちは♪emiです。ヽ(o´・∀・`o)ノ   旅行へいったときに、ふらりと田貫湖へ寄り道してきました。 キャンプ場を決める時にも、何度かあがったキャンプ場だったので寄り道できてうれしかったです。 ゆるキャン△でも、ちょっとだけ(1コマ)話題に上がったキャンプ場です。 チャンスがあれば、行ってみたいと思っています。(′ – ′)   田貫湖キャンプ場 田貫湖キャンプ場の場所   田貫湖

  • 【キャンプ】△後編△ふもとっぱら 雨の過ごし方もキャンプ

    皆さま、ブログに訪れてくださってありがとうございます。 前回に引き続き、「ふもとっぱら」キャンプ場の続きです。   とにかくすごい雨で、SONY RX1RM2のカメラをなかなか取り出して写真を撮ることができませんでした。 スマホを見ても写真が少ないので余裕がなかったことがわかります(^◇^;) なんとかみんなでテントを張りました。OGAWA の ツインピルツフォークと、アメニティドームMです。

  • 【後編/キャンプレポ】PICA富士吉田の電源なしサイトで

    こんにちはemiです。 PICA富士吉田のキャンプレポです(﹡ˆᴗˆ﹡)ブログの更新が後ろに後ろになり、ちょっと前にいったキャンプになります。 ↓前半はキャンプ場レポです♪  www.emicamp.com 2度目の訪問なのですが前は2018年12月に訪れました。冬の利用だったので電源サイトで予約しましたが、今回は電源なしサイトです。 PICA富士吉田のテントサイトは1つ1つ広くて、2ルームにタ

  • 【キャンプレポ】富士山YMCAグローバルヴィレッジで富士

    ちょっと前のキャンプ。 富士山YMCAグローバルヴィレッジに行ってきました。 富士山が見えるキャンプ、やっぱり気持ちがいいです♪♪ 前回は霧雨で富士山がほとんど見えなかっので、この日はよく見える富士山に満足(﹡ˆᴗˆ﹡) 濃霧も幻想的でよかったですけど♪ この日のテントの数がいつもより少ないという噂を聞きました。 前回は騒がしいグルキャンに、自分たちのテントが囲まれてしまったので、テントが少ない

  • 【キャンプ場レポ】プレオープンのnegura campg

    伊豆の入り口、静岡県田方郡函南町(たがたぐんかんなみちょう)にあるnegura campgroundへ行ってきました。ネグラキャンプグラウンド、、、通称はやっぱり“negura (ねぐら)”ですかね?? こちらのキャンプ場はただいまプレオープンスタイルとなっています。というのも、絶賛開発中!なのです。クラウドファンディングで協力させていただき、オープンを楽しみにしていたのです。そんな折、「

  • ふもとっぱらキャンプ場

    第2回目のキャンプはふもとっぱらキャンプ場へ 富士山の西の方にあります。   第一回目を踏まえ、、 人気のある「ふもとっぱらキャンプ場」に決めました。 荷物はコールマンのバギーに積みました。 前回もコールマンのバギーはあったのですが、小物などトートバッグなどいろんな袋に詰めていてバラバラになって面倒だったので、 今回はノースフェイスのギアコンテナを新調し、それに小物を全てつっこみました。 重い

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


広告