ふもとっぱらキャンプ場

profile img

emi(えみ)

contents section

Follow
フォローする

第2回目のキャンプはふもとっぱらキャンプ場

f:id:camera-yurucamp:20180929001044j:plain

富士山の西の方にあります。

 

第一回目を踏まえ、、

人気のある「ふもとっぱらキャンプ場」に決めました。

f:id:camera-yurucamp:20180926124242j:image

荷物はコールマンのバギーに積みました。

前回もコールマンのバギーはあったのですが、小物などトートバッグなどいろんな袋に詰めていてバラバラになって面倒だったので、

今回はノースフェイスのギアコンテナを新調し、それに小物を全てつっこみました。

重いです、、、。

 

キャンプは回を重ねる毎に荷物が増えて行く、、本当だった。

 

ふもとっぱら近くになると、受付をする車の渋滞ができていました。

そこから見えるふもとっぱらの景色。

f:id:camera-yurucamp:20180929002217j:plain

 ノルディステントばかり!

 

ぬ?

f:id:camera-yurucamp:20180929002108j:plain

!?ゆるキャンに出てきてたやつ、、こんな入り口にあるなんて。

 

f:id:camera-yurucamp:20180926124521j:plain

受付です。

f:id:camera-yurucamp:20180926124608j:image

薪も売っていました。

 

f:id:camera-yurucamp:20180929001115j:plain

バイクの人もいます。かっこいい〜〜!!

 

f:id:camera-yurucamp:20180929001154j:plain

こうやってみなさん車とテントを共存させています。

キャンプ人気により、土日はテントと車で埋まってしまうふもとっぱら。

 

f:id:camera-yurucamp:20180926124451j:image
こちらが、スノーピークのエントリーパックです。

なんと、私たち夫婦はスノーピークのエントリーパックのテントを購入しました!

前回までのテントは、二人には小さなテントで、、寝るのに精一杯だったのです。

そのテントは友達に5000円で買ってもらいました。

何人か、あれがエントリーパックのテントか、と通りすぎていきました。

スノーピークのアメニティドームか、エントリーパックにするかと、

検討しているのかしら??

 

本格的なテントを張るのが初めてで、めちゃくちゃ時間がかかりました。

六人できたのですが、ほとんどの人に手伝ってもらいましたw

 

小さいテーブルも購入。

f:id:camera-yurucamp:20180929001344j:plain

前回のキャンプでテーブルないと何もできないと思ったので、、

軽さに重点を置き、ロゴスのロールテーブルを購入。

 

でも調理するだけでいっぱいいっぱいのテーブルになっちゃいました。

 sotoのバーナーと、iwakiのバーナーを購入して持って行きました。

隣のキャンプ慣れしている家族とかは、立って調理できるコンロとかで料理をしててかっこよかったです。

きっと、、あそこまではなれないだろうな。マイカーがないから。

 

 

f:id:camera-yurucamp:20180929001310j:plain

友達が1000円くらいで購入した中国製の焚き火台。

ユニフレームの焚き火台のパクリかと思われます。

1000円でどんだけ使えるのか、、、と思いましたが立派に使えました。

 

f:id:camera-yurucamp:20180929001326j:plain

朝の焚き火台。一晩燃やし続けていましたが、壊れることなく使えました。

すごいね〜。

 

f:id:camera-yurucamp:20180929003117j:plain

夜、20分くらい雨が降ったのと、朝露でテントがびしょびしょでした。

 

朝のふもとっぱらです。

f:id:camera-yurucamp:20180929001444j:plain

心が洗われるねぇ。

 

f:id:camera-yurucamp:20180929003123j:plain

富士山とは逆側。

受付の方にある青い建物がちらりと見えました。

 

ふもとっぱらキャンプ場

★料金★

ソロキャンプ 2000円(テント1張、車両1台)

入場2〜5名キャンプ 3500円(テント1張、車両1台)

     6人目追加 1000円

     タープ   1000円

直火NGです。

 

初心者にも十分楽しめるキャンプ場!

ただ、あまりに本格的な人も多い為、自分たちの設備の甘さを実感しました。

 

土日などは場所取りするために早めに行くことをお勧めします。

 

 

カメラはフジフィルム x-pro2を持って行きました。

(アップしてるのはスマホのもまざっています) 

\ 気になったらシェア /
Follow
フォローする

related post

関連記事

  • ふもとっぱら【2019年10/14より新料金へ変更】

    ふもとっぱらキャンプ場の料金が2019年10月14日より変わることになりました。 今まで、テントの数や大きさで料金が設定されていて分かりにくいなと思っていたし、その日の天気で持ってくテントも変わるかもしれないしなぁと思っていたのですが この度、人数計算に変更されるようです!   メールの内容です。 ↓ 平素より、ふもとっぱらをご利用いただきありがとうございます。 この度、お客様の利便性の向上の一

  • 【キャンプ】△前編△去年の10月と全然違うふもとっぱら「

     こんにちは。先週行ってきた「ふもとっぱら」キャンプ場のレポです。   実は、去年も全く同じ3週目の土日に行っていました。 www.emicamp.com 去年は夕方に雷雨がありその後めちゃくちゃ冷え込み、もっと厚着しなくてはと思ったので、これを踏まえ準備をしていったのですが、 最高気温17℃、朝でも13℃弱で全然寒くなかったんです。 あまりの気候の違いに驚愕!((((;´・ω・`)))) 富士山

  • イラストは下手だけど描きたくなる時もある

    四尾連湖に行った時のキャンプ場のメモ書きとしてイラストを描いていました。 初めてのキャンプ場だったので、また行きたいと思いどんなところか覚えておこうと描いたのですが、水明荘書くのが難しくてwやけにペラペラになってます。 これみて思い出したけど予約で電話したんだなぁ、何も覚えてないな。 四尾連湖に行った2018年3月31日にはホームページが簡易的なものだったけど今ではリニューアルされています。 ww

  • 近年のキャンプブームにより予約困難

    10月にふもとっぱらキャンプ場へ行ってきました。 愛機、RX1RM2をもちまして、、はりきってキャンプに臨みました〜٩(●˙▿˙●)۶ 二度目のふもとっぱらのレポは後日書きます。   なぜ、このキャンプ場になったのかという経緯を書きたいと思います。     三度目のキャンプなのですが、、 一度目は 四尾連湖 二度目は ふもとっぱらキャンプ場 こうきたら、違うキャンプ場に行ってみたい〜なんて思って

  • 【キャンプ】△後編△ふもとっぱら 雨の過ごし方もキャンプ

    皆さま、ブログに訪れてくださってありがとうございます。 前回に引き続き、「ふもとっぱら」キャンプ場の続きです。   とにかくすごい雨で、SONY RX1RM2のカメラをなかなか取り出して写真を撮ることができませんでした。 スマホを見ても写真が少ないので余裕がなかったことがわかります(^◇^;) なんとかみんなでテントを張りました。OGAWA の ツインピルツフォークと、アメニティドームMです。

  • 2018年10月ふもとっぱらキャンプ場①

    ふもとっぱらキャンプ場へ行く際に、 大きなイベントと重なっていないか ウェブで予約がいっぱいになっていない確認する、これが大切かと思います。 10月20、21日に行ってきました。   前回行った際は、先陣組が午前から行って場所を取っておいてもらったのですが、 私たちがついた頃は所狭しの人と車とテントでした。あれは、5月。   なので色々踏まえて、12時前には到着しようと早く出発しました。  

  • 10月 ふもとっぱらキャンプ場②「まかいの牧場」

    昨日の夕方から20時ころまで雨でしたが、夜のうちにすっかり晴れて、 真夜中には満天の星空が見えました。 流れ星もいくつも! ソフトフィルターがあれば、、、。 朝も雲ひとつなく気持ちのいい天気。 5月の時も気持ち良く晴れていました。 陽が射してくると、フリースなどはいらない暖かさでした。 朝ごはんは豚汁。 残りのジャスミンライスも炊いて一緒に食べました。 テントのインナーを外して、乾かしま

  • ふもとっぱらキャンプ場

    第2回目のキャンプはふもとっぱらキャンプ場へ 富士山の西の方にあります。   第一回目を踏まえ、、 人気のある「ふもとっぱらキャンプ場」に決めました。 荷物はコールマンのバギーに積みました。 前回もコールマンのバギーはあったのですが、小物などトートバッグなどいろんな袋に詰めていてバラバラになって面倒だったので、 今回はノースフェイスのギアコンテナを新調し、それに小物を全てつっこみました。 重い

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です