【使用レポ】ZANE ARTS GIGI-2(ゼインアーツ ギギ-2)のレビュー

profile img

emi(えみ)

contents section

Follow
フォローする

ゼインアーツのGIGI-2(ギギ2)というテントのレビューです。
1年以上前に購入し、使ってきた感想を書きたいと思います(﹡ˆᴗˆ﹡)
すごくお気に入りのテントですが、実は、出番は少なめというテントです
お気に入りなのに何故、出番少なめなのか??
理由なども含め書いていきます♪

ZANE ARTS ゼインアーツ

ZEGU、ROGA、GIGI、OKITOMAといったテントや、
他はタープ、キャンプギアなどを扱っているゼインアーツ 。
2019年に出来たばかりの新しい会社です。
すべてのテントが人気テントですが、
私はGIGI-2を購入しました。
GIGIシリーズは、GIGI-1(ギギ1)、GIGI-2(ギギ2)という二種類のラインナップがあるのですが、

ギギ1はワンポール
ギギ2はツーポールのテントになります。

ギギ2のスペック

サイズW750×D400×H220cm
重量7.5kg
本体素材75デニールシリコーンポリエステルリップストップ
・遮光PU加工(耐水圧1,500mm)
メインポールサイズ30φmm×長さ220cm

ここで注目するのが、幅が750cmというかなりの幅広なテントということ
そして、そんな幅広な大きなテントなのに7.5kgという軽さ!ということです。

高さは220cmと狭さを感じさせない快適空間です。

ギギ2のいい所

広々の快適空間

スペックで紹介した通り、とっても広い空間ができます。
ツーポールで220cmの高さの下、中腰にならなくても移動できる快適空間です。

そしてさらに快適な理由は左右にあるエクステンションポール。

1mのエクステンションポールが空間をさらに広げてくれます。

このポールがあることでかなり空間に違いが出てきます。
↓昔、少しだけ使っていたogawaのツインピルツの写真です。

同じツーポールですが、左右にポールが入らないだけで空間の広がりが全然違います。
ツインピルツは人気のテントですが、私たち夫婦には合いませんでした。210cmの高さがあったのに、かなり狭かったです。

アレンジの自由度が高いシェルターテント

前後にあるドアパネルを自分の好みにアレンジできます。

開放したり、閉じたり、ドアパネルを開いて使ったりとアレンジできる自由度が高くて楽しいです。

タープいらずで、軽量コンパクト

この大型のドアパネルがタープの役割をしてくれるので、タープいらず。コンパクトに荷物をまとめたい時、タープがいらなくていいのはかなり助かります。

ゼインアーツ のホームページより

タープも要らないので、これだけでOK。ギギ2の2つのポールとエクステンションポール2つも入っています。
ドアパネルをポールで立てたい場合は、そのポールは自分で用意します。

ギギ2のいまいちなところ

幅が広すぎてサイトを選ぶ

750cm、そう、7メートル50センチあるので、区画サイトだと入らない可能性があります。
この大きさが原因で、買ってから3回しか出動していないのです。
行ったことのある区画の大きさが分かっているキャンプ場や、フリーサイトなら持っていけますけど、初めてのキャンプ場や区画の小さいところは持っていけません。

雨にも使えるテントだけど問題が

耐水圧1500mmと雨にも耐える材質ですが、問題があります。

ファスナーの青い丸の部分です。ドアパネルをオープンしてしまうと、開いた部分から雨が吹き込んでしまいます。
景色がみたいからオープンしたい!でも雨が吹き込む〜。

インナーテントが濡れないよう、そちらのファスナーを閉じ、反対側にポールを持ってきて高くあげ、水を流れるようにしたりと、色々やりましたが、結局はドアパネルを跳ね上げると雨が吹き込む問題はついて回ります。
雨の日にも使いたいと思って買ったテントでしたが、実際は雨がザーザー降る日のおすすめ度は△です。

広いサイトならタープと組み合わせて使うと最高です!

スカートがないので寒い

スカートがないため、風があると吹き込んできます。
9月に使った時、雨がふり夜にかなり冷え込んだのですが、風が吹くと寒かったです。

というわけで、、、出番少なめの理由
  • テントの横幅がありすぎてサイトを選ぶ
  • 雨の日に使いたかったけどドアパネルを開けると雨が吹き込むため雨の日に使いにくかった
  • スカートがないため春から夏の冷え込みのない季節限定

ギギ2が向いている環境

春、夏の冷え込みの少ない季節や、木陰のある広いサイトなどが適しているかなと思います。
ポリエステルのテントでコットンは入っていませんので、暑い日差しの下ですと、影は濃くないので暑くなります。
なんといっても幅広のテントなので、広いサイトで張って楽しむのがおすすめです。

ゼインアーツの出しているテントが、全体的に品薄のようで、夏場は特に売り切れてしまっています。
楽天やアマゾンにもほとんど販売がないか、値段が跳ね上がってしまっているものが多いので提携している店舗での入荷を待つのがいいかもしれません。
東京だとA&Fカントリーなどで取り扱いがあります。

コンパクトだし、タープのようにドアパネルをオープンできるしシェルターテントとしてデザインもいいので、とっても気に入っています。
手放すことはないだろうなぁと思っています。
もし大人数でキャンプすることがあれば、このテントをタープがわりとして持っていってみたいなと考えています。

ゼインアーツのキャンプギア

ゼインアーツは最近、テントだけじゃなくてキャンプギアにも力を入れています。
私はオズハンガーというランタンポールが欲しいんですが、、、どこもかしこも売り切れ。amazonや楽天だと2倍くらいに値段が跳ね上がっています。

そこでゼインアーツのコズハンガーというランタンハンガーを最近購入したのですが、これが思っていた以上に使いやすくておすすめです。

ポールの30mmと32mmで二つタイプがあるので気をつけて下さい。ポールにしっかりと止めつけることができてホールドしてくれます。
ランタンハンガーだけじゃなくてこのポールにも灯りが掛けられたらなぁ、、でも不安定なやつは心配という方にもってこいです。

安いハンガーを使っていたのですが、いつも取り付けにくいしサイズが微妙に合わなくてイライラしていたのが解消しました。

そろそろ、秋キャンプ、冬キャンプの、寒い日キャンプが楽しめる季節ですね♪

GIGI-2の設営動画

設営した時の動画です↓

設営がとっても簡単というのもこのテントの魅力です♪

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
\ 気になったらシェア /
Follow
フォローする

related post

関連記事

  • 【テント】シークアウトサイド(Seekoutside)の

    シークアウトサイドのティピーテント△ seek outside cimarron シマロン! 友達が使っているものを紹介します。 世界で一番になった冒険家が愛用しているティピーテント…すてき! 1.6kgという軽さ!   メインポールはカーボンのポールがついていますが、 現地で調達した木で代用してもオッケー。登山などで使う場合は、トレッキングポールでも設置可能のようです。 すごくペラペラなん

  • どんどん買い換えた初心者の私のテント選び…

    キャンプを始めてから1年が過ぎました。 暑いのと、虫が嫌なので夏場はキャンプしません。 なので、まだ7回しかキャンプしていないのですが、   テントを4つも購入していました。 ( ˊᵕˋ 😉   ケシュア スノーピーク エントリーパックTT スノーピーク トルテュライト テンマク サーカスTC   今、手元にあるのは3と4の、2つです。 1、2のテントは売りまして、新しいテントを購入しています

  • 一目惚れで購入してしまった。カーカムス クラシックジャッ

    Kirkham’sのテントご存知ですか?   カーカムスと呼んでるけれど、 韓国の方に聞いたら「カークハム」って書いてあるって。 調べてみたら、イングランドに同じ綴りでカークハムという地名があるらしいです。 でも、A&Fさんも他のお店も「カーカムス」と書いてあるから、こちらが正しいんでしょうか。   さて、実は、テントを購入してしましました(∩˃o˂∩)♡   一目惚れだったん

  • サーカスTC、ピルツ12インナーハーフも入れてみたけどア

    せっかくブログを書くなら参加しようとにほんブログ村のランキングを登録していたんですが、先日のアップデートの時に「ランキングに参加しない」のチェックに変わっていてず〜っと参加していませんでした(´;Д;`) どうりでずっと「ーー位」となっているなぁと思っていたら・・・ にほんブログ村 気を取り直してブログ書くぞ〜   先日のキャンプで初めてサーカスTCを設営しました(*・ω・) その時、どうしたらい

  • かずさオートキャンプ場で春キャンプ②

     かずさオートキャンプ場で春キャンプ①からの続きです。  昼間は雨の降る気配なし!曇りのままです。雨は夜だね〜とのんびりすごしました。 シールドルーフを初めてつけられたのが嬉しいです。 まだ初心者なのでテントを張るのも苦労しています。 テントのビルディングテープも外すのわかっているのですが、外すとテントの形が壊れてしまったり、、結構苦労してはりました。 ちゃんと説明書読んでなくて、、、   ↓

  • ★使用レポ★ogawaオーナーロッジタイプ52Rを使って

    ogawaのオーナーロッジ タイプ52Rのレビュー 通年、そして雨天でも使えるテントとして2020年にこのテントを購入しました。 見た目は好き嫌いがあるかもしれませんが、レトロな雰囲気が気に入って、思い切って買ってしまいました。 これから購入するか迷っている方が参考になればなぁと使用感など書いてみたいと思います(﹡ˆᴗˆ﹡) サイズ ogawaのサイトに記載されている大きさは↑イラストの通り。

  • 念願のサーカスTCを買いにいくお話

    こんにちは(*・ω・)ノemiです。めっきり暖かくなりました。   さて、、、   テンマクのサーカスTCが4月中旬以降販売が始まると聞いてから、ずーーーっと日程が決まるのを心待にしていました。   「キャンプ場で見かけるあのかっこいい三角のテントなんだろう…」 始めたころよく思っていました。 「テントマークって書いてある」(・・φ スマホで調べて、ずっと欲しいと思っていたのです。   友達のキャ

  • 千葉県②カーカムスで森のまきばオートキャンプ場の冬キャン

    森のまきばオートキャンプ場の②になります。 ①はこちらです↓場内の案内が中心になっています。    チェックインしたばかりの光景です。 私たちのテントはトイレからちょっと離れています。 すぐ目の前はなだらかな坂なので目の前にテントを張られちゃう可能性もありそうです。   今回もカーカムスクラシックジャック100でキャンプです。 【カーカムスのスプリングバーテント】 恐らく、ジャック・カーカムス

  • アウトドアビレッジでゼインアーツのテントをみてきました

    こんにちは〜、emiです(﹡ˆᴗˆ﹡)昭島にあるモリパークにいってきました。   ZANE ARTS(ゼインアーツ) 2018年に長野県松本市で生まれたアウトドアブランドです。 機能性と芸術性を考え作り抜いたテントを販売しています。 まだ出来たてほやほやのブランドですが、すでに多くのキャンプ好きが注目しているブランドになります。 テントを購入する予定はないのですが、とても気になっていました。 そん

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です