Emi CAMP(カメラとゆるくキャンプの日々)

写真が好き、キャンプも好き。サーカスTCとカーカムスクラシックジャック100

CAMP

ゆるくキャプするemiさんのblogです

「ゆるキャン△エリアが!?」と、「カメラアイテム」のこと。

TOKYO OUTDOOR WEEKENDにゆるキャン△エリアが

キャンプに行く予定は3月後半です。待ち遠しいなぁ。

その前にTOKYO OUTDOOR WEEKEND 

3月16日、17日に行われるのですが、16日に行くチケットを購入しました。

 

そして、なんと!!d(*´▽`*)b

www.tokyooutdoorshow.jp

ついに、このイベントにもゆるキャンのエリアができるらしいです。

17日のゲストにまた平野レミさんくるんだぁと思っていたら、16日はまさかの山梨県の観光プロモーション課の方がゆるキャントークするとのこと。

声優さんとかアニメ制作の人じゃないところがマニアックな人選ですw

プロモーション課の方、土曜日も仕事なんて気合い入ってる!!

 

予定通りOUTDOORWEEKENDに参加できたら、またレポートします(*’3`b)

 

カメラアイテム

キャンプに行く方って写真も素敵な方が多いですよね!

私はキャンプにハマる前から、ずっと写真が好きで、フィルムカメラで写真を撮影していました。

もう18年くらいはまっています。

 

時がたち、デジカメにも少しずつ興味をもち、

私の今の愛用カメラの1つ、SONY RX1RM2です。

写真は全部スマホのギャラクシーで撮影しています。
f:id:camera-yurucamp:20190306113350j:image
コンパクトなミラーレスカメラです。

ちょっとしたカメラのアイテムを紹介したいと思います。

カメラは好きですが、素人ですので、すんごいマニアな紹介じゃありません、

これから始める方に参考になればなぁと思います。

 

レンズキャップストラップ

レンズキャップを落とさないようにする紐です。
f:id:camera-yurucamp:20190306113400j:image

自分のカメラレンズの大きさごとにレンズキャップが販売されています。

もしくは、キャップに両面テープで止めるストラップもあります。

これは、強力にくっつくので、もともとのキャップを汚したくない方にはオススメできません。

私はもし無くしても悲しまないように安いレンズキャップにストラップが付いているものを選びました。

こういうメーカーのキャップも個別で売っているので無くした場合でも変わりはみつかったりもします。

 

カメラケース

カメラを持ち運ぶとき、カメラそのものをカバンに突っ込むわけにもいかないのでカメラケースに入れています。
f:id:camera-yurucamp:20190306113424j:image

今使っているのは、レザーカメラケースで、ULYSSES(ユリシーズ)のものです。

ulysses.jp

カメラのボディースーツもここのものを使っています。

RX1RM2専用のものを作ってくれているので即購入しちゃいました。

チャコールが売り切れていて、ネイビーになっちゃいましたけど、、

 

ケースに入れるとこんな感じです。
f:id:camera-yurucamp:20190306113433j:image

紐を押し込むと、、、
f:id:camera-yurucamp:20190306113455j:image

ぎゅうぎゅうですW

紐が革だから、ボリュームでちゃいます。 

 

なんとか締まります。
f:id:camera-yurucamp:20190306113502j:image

ユリシーズさんのケースには工夫もたくさん。

↑こうやって引っ掛けるだけで止まります。

 

やわらかい革がカメラも守ってくれます。
f:id:camera-yurucamp:20190306113526j:image

 長年使うと雰囲気が変わっていきます。

 

中はこんな風になっています。
f:id:camera-yurucamp:20190306113537j:image

何か入っています!これは、別売りのものです。

 

これもユリシーズで購入したものです。

f:id:camera-yurucamp:20190306113544j:plain

クッションスタンド。「床ドン」からカメラを守るらしいです。

 

つまり、

f:id:camera-yurucamp:20190306113634j:plain

こんな風に入ることになります。

 

さらに、
予備バッテリーなどが収納できるようになっています。
f:id:camera-yurucamp:20190306113613j:image


f:id:camera-yurucamp:20190306113559j:image

↑こんな感じに入るのですが、、、

 

蓋が固定されていないので、カメラを取り出したあと、歩いていたりすると飛び出ています。
f:id:camera-yurucamp:20190306113629j:image
ちょっとしたイライラポイントです(゚∀゚*)(*゚∀゚)

SONYの電池が小さいから(バッテリーのもちよくしてほいしい(愚痴))

 

ulysses.jp

ユリシーズさんのサイトには、こんなもの欲しかった!というカメラアイテムがあったりするので、気になる人は探してみてください。

 

カメラバッグ

カメラバッグも2つほど持っています。
f:id:camera-yurucamp:20190306122947j:image

これは土屋鞄のカメラ散歩バッグです。

www.tsuchiya-kaban.jp

7年くらい前に買った記憶があります。ハッセルブラッドも入ります。
f:id:camera-yurucamp:20190306122954j:image

 

 

 

三脚

今はスマホでも綺麗に撮影できますから、キャンプの荷物を増やしたくなければやっぱりスマホですよね。

それでもせっかく行くキャンプ場でいい景色が撮影したいなぁと思ってカメラを持っていきます。

夜暗くなるとスマホだと撮影難しくなりますから、そんなときは三脚で撮影するのが一番です!

マンフロットの三脚です。

f:id:camera-yurucamp:20190306125526j:plain

その昔、カメラが好きな方に使わないからといただいたものです。

ありがとうございます。

キャンプ場はフィールドによって安定していないところもあるので、しっかりした三脚をオススメします。 

 

注意点

デジカメにはデメリットもあります。

スマホと共通しているかもしれませんが、寒い場所だとバッテリーがすぐになくなります。バッテリーがまだあったとしても寒さで「バッテリー切れ」の表示がでてしまうこともあります。

バッテリーの予備を持っていくことをオススメします。

 

今回は、主にカメラアイテムの紹介でした!

 

 

RX1RM2でぶらり梅を撮影。
f:id:camera-yurucamp:20190306123034j:image

スクエアも撮影できます。


f:id:camera-yurucamp:20190306123050j:image

(´・ω・`)こんなところに

 

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村