Emi CAMP(カメラとゆるくキャンプの日々)

写真が好き、キャンプも好き。サーカスTCとカーカムスクラシックジャック100

CAMP

ゆるくキャプするemiさんのblogです

久々のキャンプで改めて想うキャンプのこと

f:id:camera-yurucamp:20200622091417j:image

不要不急の外出を控えるようお願いが出てから、

やっと県などを跨いでの移動ができるようまでになった。

 

東京都民からすると、感染者が出ていない岩手県がすごすぎる。

 

キャンプはソーシャルディスタンス取れているし、

行っても問題ないんじゃないかとか議論がまきおこるなか、

東京から山梨に規制してバーベキューとかしてコロナの感染を拡大させた女性がたたかれて、明日は我が身ではないかと思うと

とてもじゃないけど、他県などへキャンプ行ける状況じゃありませんでした。

f:id:camera-yurucamp:20200622091430j:image

お願いされていた他県への移動自粛が解除されて、

やっと…久しぶりにキャンプへ。

本格的な夏が来る前に行かなくては。

 

それで、都心から2時間ほどの山梨県のキャンプ場へ行ってきました。
f:id:camera-yurucamp:20200622091514j:image
そこは標高900m以上なので、すでに夏日続きの東京よりもずっと涼しくて、

新緑の眩しさを肌で感じ、

植物の芽吹く季節なんだと思い出させてくれた。


f:id:camera-yurucamp:20200622091528j:image

水分をたくましく含んだ苔は厚みを帯びて

木漏れ日を受けていました
f:id:camera-yurucamp:20200622091537j:image
優しく光を拡散する木々の葉…

 

その下で、キャンプができる幸せ

 

川の音で、隣のキャンパーの会話は聞こえなくて、

自分達だけの空間が楽しめる
f:id:camera-yurucamp:20200622095127j:image


暑いなら焚き火はなしか?と思っていたけれど、

到着してあまりの涼しさに、薪を購入。
f:id:camera-yurucamp:20200622091552j:image

水辺の濃い緑と、炎の色がいいマッチ。

 

f:id:camera-yurucamp:20200622091613j:image

透き通った水の流れで、おばあちゃんの飛騨の家を思いだし、会いたくなりました。

 

 

久々のキャンプ。


f:id:camera-yurucamp:20200622113216j:image

いつも友達もきたりするのですが、

初めて夫婦二人でいきました。

 

キャンプ場は初めてきた所。

素敵なキャンプ場でした。

 

そんなすてき〜〜〜なキャンプ場は「山伏オートキャンプ場」です。

よろしければ、詳細を2回に分けて紹介しますので、ご覧ください。

 

 www.emicamp.com

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村