Category

道具/キャンプギア

  • ギアコンテナどうしてますか?

    ギアコンテナどうしてますか?? キャンプを続けると細々したものが増えてきます。 まとめて収納するほうが楽ですよね。   最初の頃にキャンプのノウハウもわかっていない状態で購入したギアコンテナが、、 ノースフェイスのギアコンテナです。ソフトタイプです。 けっこう大きいです。 なぜ購入したかというと、、 ノースフェイスとミナペルホネンのコラボ商品だったからです(゚ー゚;A ミーハーです。   キャンプワゴンに乗せるとこんなに大きい。 この下にはテントを載せていて、その上に「えいっ」と載せてしまっています。   中は、こ〜〜〜〜〜〜〜〜んなに入ります。 ナンガのシュラフ 旦那と私の2つ エプロン 2つ  ライト類 数個 クッカー スノーピークのステンボックスハーフユニットまで入っています。(^▽^;) 他にもゴミ袋とか軍手とかいろいろなものが入っているのに、全部埋まらないくらい。   ちょっと大きすぎるかな?というのが悩みです。 ソフトタイプはたくさんものが入るから使いやすいです。 でも、、 ハードタイプはハードタイプでものを置けたりしていいですよね。   マイカーがあったり収納がたくさんある家ならいいんですけどね、、 いろいろ試せないので、とにかくミニマムにゆるキャンできたらいいなぁと思います。    

  • スノーピーク IGTスリムとフラットバーナー使ってみました

    IGTスリムを買いました(´∀`艸)♡ 最近ブログでアップしている写真はsony rx1rm2で撮影しています。  今までのキャンプは5〜6人くらいで行ってたのですが、その度に テーブルは個々に用意していたものを使っていたので 囲むものといえば焚き火くらいでした。 ちょっとだけ大きなテーブルがあったらいのになぁと思っていて 持ち運びも楽そうなこのテーブルを買いたいな〜と考えるようになりました。 実際にアウトドアショップに足を運んでみてみたりして決めました!  IGTスリムが届きました 届いたっ!(´∀`艸)♡ これがあれば、先日購入したフラットバーナーと組み合わせて使えるっ! このフラットバーナーです。 さて、中身は、、、 とってもシンプル。 テーブルの足の部分と、それに載せる天板6枚(木の机部分)です。 セッティングするとこんな感じです。 この木の部分、乾燥していて、水とかついたらシミになりそう、、、。  スノーピークの説明書には、、 チーク材は天然。 腐食や反りが起こりにくく屋外環境での使用に適した素材とのこと。 表面は無塗装で仕上げており、温かみのある木の肌触りと薄く強い経年変化がお楽しみいただけます。天然素材の特徴をご理解いただき、正しいお手入れをち末長くご利用ください。 使用するたびにシルバーっぽくなっていい色合いになっていくと書いてありました。 シルバー? ただし、水分や植物の脂肪分がついてしまった場合、放置するとシミになること、 植物の脂肪分、ワイン、コーヒーなどの色の濃いものの付着に注意することが書いてありました。 汚れを放置して変色が進むとチーク材の表面にひび割れが生じる可能性があるとのことです。 これは、やっぱり初期メンテが必要だ! みつろうクリームを塗ってみました 木の素材を長く使うことができる、保護するためのクリームです。 この「みつろうクリーム」は200g入っているものです。 [rakuten:vaps:10181069:detail] 塗ると色が少し濃くなります。 触り心地もすこししっとりします。なんだかいい感じです!! さっそくキャンプに持って行ってみました  igtスリム 先日購入したフラットバーナーをさっそく組み入れてみました。  フラットバーナー使ってみました テーブルにセッティングするとガスをこのように付属の部品に引っ掛けてセッティングすることができます。 このフラットバーナーが超便利(●*’v`*人) メスティンでインディカ米を炊いてみました カルディで売っているジャスミンライスです。 1袋300g。洗う必要もないので楽々です。 水の量、350gで少なめで炊きました。 コンソメとローリエを入れてサフランライス風に。 めちゃくちゃ美味しく炊けました。 インディカ米?タイ米?ジャスミンライス?これは本当にキャンプに向いているので試してほしいです〜  フラットバーナーは安定しているので、20分くらい火にかけるお米も安心しておいて置けました。 今まで、iwakiとsotoのバーナーを使っていたのですが、どちらか出番がなくなりそうです。 これはSOTOのバーナー このバーナーも安定感があります。 そんなに火を使うことがなければ、フラットバーナーのみで事足りそう。   サイズ    940×403×408(h)mm 重さ     4.8kg(フレームのみ)、7.4kg(天板含む) 収納サイズ  852×403×80(h)mm 毎回レンタカーなので、収納のしやすさ、重さを考慮して購入に踏み切っています、、 どんどん増えるので、省けるものは省けるようにしていきたいと思っています。 カメラがX-PRO2からRX1RM2になったのも、そういう心理なのかな、、、

  • メスティンのシーズニング

      ラージメスティンです。お米を炊くため買いました!! おいしいお米がたけると評判です。他の料理を作る時も役立つって。   よ〜し、まずは、、、 シーズニングしていきたいと思います( ゚∀゚)っ   大きさです 20.7cm×13.5cm×7cmです。 メスティンの本を読んだことがあって、シーズニングというものが必要と書かれていました(ΦωΦ+) 見よう見まねでシーズニングを行うことに。   サウンドペーパーで磨く まず新品のままだと、メスティンの蓋側も下側の入り口部分が少し引っ掛かりがあってこのまま使っていくと、この引っ掛かりによって怪我をするかもしれないとのことで、、、 サンドペーパーで磨く必要があります。 工作が好きなのが役立ちました。家にサンドペーパーありました。 粗い目のサンドペーパーから細かいサンドペーパへ変えていく必要があるのですが、うちにあったのは、180〜80でした。   80が粗目に入り、180は中目、本当は280〜上の数字の細目があればよかったんだけど、、、とりあえず、80で磨いて180番で仕上げしてみましたが、、 問題ない!綺麗にできました。そんな神経質にやらなくてもいいようです。 今では100円ショップにもサンドペーパー売ってます。   米のとぎ汁で煮込む 次に、米のとぎ汁でメスティンを茹でるということです。 これでメスティンの焦げが防げたり使いやすくなるということです。 なんでお米なんだろ〜?? 外国のお米食べない国だと何でシーズニングやるんだろ?? とか思いながら、 うち、無洗米使ってるからお米買ってこなきゃ!と買いに行きました─=≡Σ((( つ╹ω╹)つ   ここで注意 ✴︎ラージメスティンが入る鍋ってそうそうないですよ!!!! ひっぱりだしてきました、地鶏もはいるくらい大きなストウブの鍋。 使ってなさすぎてほこりかぶってる、、、、(;´・Д・)   蓋と入れ替えながら、、、   煮込みました。   念のため、煮込み終わったあと、少しそのまま放置しました。     この後、水洗いして、綺麗に拭いて終わりですよ。   使い心地は次のキャンプの時に書きます*.゚+ヽ(○・▽・○)ノ゙ +.゚*

  • スノーピーク フラットバーナー購入しました

    スノーピークのフラットバーナー   スノーピークのフラットバーナーを購入しました(∩˃o˂∩)♡   次のキャンプ、五人で行く予定なのですが、私たち夫婦がカレー担当になったので 購入しちゃおう!と思い切って購入。 SOTOとIWAKIのシングルバーナーを持っているのですが、さすがに五人分のカレーの鍋を長時間乗せておくの無理かもなと思ったのです。     IGTスリムのテーブルも購入したので、はめて使うこともできるし便利そうです。 さっそく、初期レビューしたいと思います。   ちょっと前までは、いろいろなところで売り切れていて、手に入らなかったようです。 2018年の初夏に発売されたばかりのようですね。   楽天やアマゾンで検索しても、取り寄せになっているところが多いです。   スノーピークにはもう一つギガバーナーというものがあります。   これもかっこいいんですけど、ちょっとお値段が高め。 なのでフラットバーナーがいいなとおもっていました。   スノーピークのホームページで、在庫がどの店舗にあるか確認できるので、チェックしてとりあえず、見るだけみてみよ〜って感じで足を運びました。   思ったよりも小さくて、うちの鍋のコンロよりも軽いか同じくらい!? 税込、10584円! ルミネのスノーピークで購入したので、ルミネカード特典の5%ひいて、 ちょうどきてたルミネのクーポン500円使って、、 お得!!٩꒰ ๑′◡͐`꒱♡   よく反対する旦那も「いいんじゃない?」ヾ(・ε・。)って感じで、、 重さは1.9キロくらいとガス缶買って持ち帰りました。   中身をみてみます〜 コンパクトです。 シンプルな構造です。   足は取り付けるタイプ。折りたたんだりできません。 こんな感じです。   試しにガス点火。点火ボタンは白っぽい四角いボタンです。   無事に火がつききました。 フラットバーナーはゴトクが飛び出ていないので、風に強い!というメリットがあるようですよ。   テーブルに取り付けた場合には、ガス缶はこのフラットバーナーの下に収納できるように引っ掛ける器具も付いていました。 しまう時はこんな風に収納できるように、バンドが付いています。   次のキャンプで使うのが楽しみです。 キャンプで使ったらまたアップします。     収納袋にしまったフラットバーナー。 ソファーでうとうとしている旦那にそっと寄りかからせてみました。 こんなくらいの大きさです。   まとめ 価格 9800円(税抜き) 重さ 1.9キロ(収納袋ぬき) サイズ 270×410×110mm(ホース、器具栓を除く)

  • LOGOS アルミトップテーブル

    ふもとっぱらで利用したロゴスのアルミトップテーブルについて書きたいと思います。 こちらが収納された状態のロゴス アルミトップテーブル。   小さいです。50cmの定規の横に置いてみたところ45cmくらいの大きさ。 とっても軽いです。850gなんです。この重さならヘリノックスのチェアと一緒に持ち運んでも重くないです。 こんな感じで袋に入ってます。 足の部分と、テーブル部分。 足を組み立てます。組み立てるというより伸ばして、上にくる棒をはめ込むだけ。 天板部分は紐で繋がっているのでバラバラになりません。 テーブルの凸の部分を、足の凹部分にはめ込みます。 ぼやっとしてますがwこんな感じになります。   上からみた感じ。 税抜きで4000円でした。   とりあえずテーブルが必要だ!とりあえずだし、お金かけたくない、軽いのがいい! というのでこのテーブルに決めました。   キャプテンスタッグにも似たようなテーブルがあったと思います。 そちらより耐荷重が高かったのでロゴスの方にしました。   ローチェアにもぴったりでした。     ★デメリット?★  キャンプで調理する時に使ったのですが、このテーブルははやりサイドテーブルの役割になるので、載せるといっぱいいっぱいになってしまいました。  軽いので、下が芝生などのグラウンドだと不安定な感じもあります。  一人用   ★メリット★  軽い   小さい  安い(感覚によりますか?)  組み立て簡単  ソロで使うのもおすすめ         カメラ SONY rx1rm2で撮影しました。  

  • ギアコンテナどうしてますか?

    ギアコンテナどうしてますか?? キャンプを続けると細々したものが増えてきます。 まとめて収納するほうが楽ですよね。   最初の頃にキャンプのノウハウもわかっていない状態で購入したギアコンテナが、、 ノースフェイスのギアコンテナです。ソフトタイプです。 けっこう大きいです。 なぜ購入したかというと、、 ノースフェイスとミナペルホネンのコラボ商品だったからです(゚ー゚;A ミーハーです。   キャンプワゴンに乗せるとこんなに大きい。 この下にはテントを載せていて、その上に「えいっ」と載せてしまっています。   中は、こ〜〜〜〜〜〜〜〜んなに入ります。 ナンガのシュラフ 旦那と私の2つ エプロン 2つ  ライト類 数個 クッカー スノーピークのステンボックスハーフユニットまで入っています。(^▽^;) 他にもゴミ袋とか軍手とかいろいろなものが入っているのに、全部埋まらないくらい。   ちょっと大きすぎるかな?というのが悩みです。 ソフトタイプはたくさんものが入るから使いやすいです。 でも、、 ハードタイプはハードタイプでものを置けたりしていいですよね。   マイカーがあったり収納がたくさんある家ならいいんですけどね、、 いろいろ試せないので、とにかくミニマムにゆるキャンできたらいいなぁと思います。    

  • スノーピーク IGTスリムとフラットバーナー使ってみました

    IGTスリムを買いました(´∀`艸)♡ 最近ブログでアップしている写真はsony rx1rm2で撮影しています。  今までのキャンプは5〜6人くらいで行ってたのですが、その度に テーブルは個々に用意していたものを使っていたので 囲むものといえば焚き火くらいでした。 ちょっとだけ大きなテーブルがあったらいのになぁと思っていて 持ち運びも楽そうなこのテーブルを買いたいな〜と考えるようになりました。 実際にアウトドアショップに足を運んでみてみたりして決めました!  IGTスリムが届きました 届いたっ!(´∀`艸)♡ これがあれば、先日購入したフラットバーナーと組み合わせて使えるっ! このフラットバーナーです。 さて、中身は、、、 とってもシンプル。 テーブルの足の部分と、それに載せる天板6枚(木の机部分)です。 セッティングするとこんな感じです。 この木の部分、乾燥していて、水とかついたらシミになりそう、、、。  スノーピークの説明書には、、 チーク材は天然。 腐食や反りが起こりにくく屋外環境での使用に適した素材とのこと。 表面は無塗装で仕上げており、温かみのある木の肌触りと薄く強い経年変化がお楽しみいただけます。天然素材の特徴をご理解いただき、正しいお手入れをち末長くご利用ください。 使用するたびにシルバーっぽくなっていい色合いになっていくと書いてありました。 シルバー? ただし、水分や植物の脂肪分がついてしまった場合、放置するとシミになること、 植物の脂肪分、ワイン、コーヒーなどの色の濃いものの付着に注意することが書いてありました。 汚れを放置して変色が進むとチーク材の表面にひび割れが生じる可能性があるとのことです。 これは、やっぱり初期メンテが必要だ! みつろうクリームを塗ってみました 木の素材を長く使うことができる、保護するためのクリームです。 この「みつろうクリーム」は200g入っているものです。 [rakuten:vaps:10181069:detail] 塗ると色が少し濃くなります。 触り心地もすこししっとりします。なんだかいい感じです!! さっそくキャンプに持って行ってみました  igtスリム 先日購入したフラットバーナーをさっそく組み入れてみました。  フラットバーナー使ってみました テーブルにセッティングするとガスをこのように付属の部品に引っ掛けてセッティングすることができます。 このフラットバーナーが超便利(●*’v`*人) メスティンでインディカ米を炊いてみました カルディで売っているジャスミンライスです。 1袋300g。洗う必要もないので楽々です。 水の量、350gで少なめで炊きました。 コンソメとローリエを入れてサフランライス風に。 めちゃくちゃ美味しく炊けました。 インディカ米?タイ米?ジャスミンライス?これは本当にキャンプに向いているので試してほしいです〜  フラットバーナーは安定しているので、20分くらい火にかけるお米も安心しておいて置けました。 今まで、iwakiとsotoのバーナーを使っていたのですが、どちらか出番がなくなりそうです。 これはSOTOのバーナー このバーナーも安定感があります。 そんなに火を使うことがなければ、フラットバーナーのみで事足りそう。   サイズ    940×403×408(h)mm 重さ     4.8kg(フレームのみ)、7.4kg(天板含む) 収納サイズ  852×403×80(h)mm 毎回レンタカーなので、収納のしやすさ、重さを考慮して購入に踏み切っています、、 どんどん増えるので、省けるものは省けるようにしていきたいと思っています。 カメラがX-PRO2からRX1RM2になったのも、そういう心理なのかな、、、

  • メスティンのシーズニング

      ラージメスティンです。お米を炊くため買いました!! おいしいお米がたけると評判です。他の料理を作る時も役立つって。   よ〜し、まずは、、、 シーズニングしていきたいと思います( ゚∀゚)っ   大きさです 20.7cm×13.5cm×7cmです。 メスティンの本を読んだことがあって、シーズニングというものが必要と書かれていました(ΦωΦ+) 見よう見まねでシーズニングを行うことに。   サウンドペーパーで磨く まず新品のままだと、メスティンの蓋側も下側の入り口部分が少し引っ掛かりがあってこのまま使っていくと、この引っ掛かりによって怪我をするかもしれないとのことで、、、 サンドペーパーで磨く必要があります。 工作が好きなのが役立ちました。家にサンドペーパーありました。 粗い目のサンドペーパーから細かいサンドペーパへ変えていく必要があるのですが、うちにあったのは、180〜80でした。   80が粗目に入り、180は中目、本当は280〜上の数字の細目があればよかったんだけど、、、とりあえず、80で磨いて180番で仕上げしてみましたが、、 問題ない!綺麗にできました。そんな神経質にやらなくてもいいようです。 今では100円ショップにもサンドペーパー売ってます。   米のとぎ汁で煮込む 次に、米のとぎ汁でメスティンを茹でるということです。 これでメスティンの焦げが防げたり使いやすくなるということです。 なんでお米なんだろ〜?? 外国のお米食べない国だと何でシーズニングやるんだろ?? とか思いながら、 うち、無洗米使ってるからお米買ってこなきゃ!と買いに行きました─=≡Σ((( つ╹ω╹)つ   ここで注意 ✴︎ラージメスティンが入る鍋ってそうそうないですよ!!!! ひっぱりだしてきました、地鶏もはいるくらい大きなストウブの鍋。 使ってなさすぎてほこりかぶってる、、、、(;´・Д・)   蓋と入れ替えながら、、、   煮込みました。   念のため、煮込み終わったあと、少しそのまま放置しました。     この後、水洗いして、綺麗に拭いて終わりですよ。   使い心地は次のキャンプの時に書きます*.゚+ヽ(○・▽・○)ノ゙ +.゚*

  • スノーピーク フラットバーナー購入しました

    スノーピークのフラットバーナー   スノーピークのフラットバーナーを購入しました(∩˃o˂∩)♡   次のキャンプ、五人で行く予定なのですが、私たち夫婦がカレー担当になったので 購入しちゃおう!と思い切って購入。 SOTOとIWAKIのシングルバーナーを持っているのですが、さすがに五人分のカレーの鍋を長時間乗せておくの無理かもなと思ったのです。     IGTスリムのテーブルも購入したので、はめて使うこともできるし便利そうです。 さっそく、初期レビューしたいと思います。   ちょっと前までは、いろいろなところで売り切れていて、手に入らなかったようです。 2018年の初夏に発売されたばかりのようですね。   楽天やアマゾンで検索しても、取り寄せになっているところが多いです。   スノーピークにはもう一つギガバーナーというものがあります。   これもかっこいいんですけど、ちょっとお値段が高め。 なのでフラットバーナーがいいなとおもっていました。   スノーピークのホームページで、在庫がどの店舗にあるか確認できるので、チェックしてとりあえず、見るだけみてみよ〜って感じで足を運びました。   思ったよりも小さくて、うちの鍋のコンロよりも軽いか同じくらい!? 税込、10584円! ルミネのスノーピークで購入したので、ルミネカード特典の5%ひいて、 ちょうどきてたルミネのクーポン500円使って、、 お得!!٩꒰ ๑′◡͐`꒱♡   よく反対する旦那も「いいんじゃない?」ヾ(・ε・。)って感じで、、 重さは1.9キロくらいとガス缶買って持ち帰りました。   中身をみてみます〜 コンパクトです。 シンプルな構造です。   足は取り付けるタイプ。折りたたんだりできません。 こんな感じです。   試しにガス点火。点火ボタンは白っぽい四角いボタンです。   無事に火がつききました。 フラットバーナーはゴトクが飛び出ていないので、風に強い!というメリットがあるようですよ。   テーブルに取り付けた場合には、ガス缶はこのフラットバーナーの下に収納できるように引っ掛ける器具も付いていました。 しまう時はこんな風に収納できるように、バンドが付いています。   次のキャンプで使うのが楽しみです。 キャンプで使ったらまたアップします。     収納袋にしまったフラットバーナー。 ソファーでうとうとしている旦那にそっと寄りかからせてみました。 こんなくらいの大きさです。   まとめ 価格 9800円(税抜き) 重さ 1.9キロ(収納袋ぬき) サイズ 270×410×110mm(ホース、器具栓を除く)

  • LOGOS アルミトップテーブル

    ふもとっぱらで利用したロゴスのアルミトップテーブルについて書きたいと思います。 こちらが収納された状態のロゴス アルミトップテーブル。   小さいです。50cmの定規の横に置いてみたところ45cmくらいの大きさ。 とっても軽いです。850gなんです。この重さならヘリノックスのチェアと一緒に持ち運んでも重くないです。 こんな感じで袋に入ってます。 足の部分と、テーブル部分。 足を組み立てます。組み立てるというより伸ばして、上にくる棒をはめ込むだけ。 天板部分は紐で繋がっているのでバラバラになりません。 テーブルの凸の部分を、足の凹部分にはめ込みます。 ぼやっとしてますがwこんな感じになります。   上からみた感じ。 税抜きで4000円でした。   とりあえずテーブルが必要だ!とりあえずだし、お金かけたくない、軽いのがいい! というのでこのテーブルに決めました。   キャプテンスタッグにも似たようなテーブルがあったと思います。 そちらより耐荷重が高かったのでロゴスの方にしました。   ローチェアにもぴったりでした。     ★デメリット?★  キャンプで調理する時に使ったのですが、このテーブルははやりサイドテーブルの役割になるので、載せるといっぱいいっぱいになってしまいました。  軽いので、下が芝生などのグラウンドだと不安定な感じもあります。  一人用   ★メリット★  軽い   小さい  安い(感覚によりますか?)  組み立て簡単  ソロで使うのもおすすめ         カメラ SONY rx1rm2で撮影しました。