Category

【山梨県△キャンプ場】

  • ②曇天と雨でも絶景のほったらかしキャンプ場「設営と夕飯編」

    「念願のほったらかしキャンプ場」②の記事です。   △これまでのあらすじ△ アーリーチェックインの時間を間違えて到着したemi一行。しかし運よく、フリーサイトから当日空いていたハナレサイト7へ変更することができた!11時30分までほったらかし温泉で温玉あげを食し、11時30分にキャンプ場へもどったのであった。 詳しくはこちら↓   ほったらかし温泉でちょっと時間を潰して、車で戻ると30秒くらいで戻れました。 アーリーチェックインの方がすでに何組か来ていて、 何人かのスタッフさんが、手際よく対応してくれて、すっと入れました。   ■ゴミは300円で回収してくれる話や、 ■22時になると車が通行できなくなるように防犯ゲートができる、 (ほったらかし温泉が21:30までが受付で、車でいって22時すぎに帰ろうと思ったら入れなくなってる。気を付けてください) ■22時消灯 ■音楽禁止、話し声、あかりなど十分配慮すること。(見回りあり) ■チェックアウト11時を過ぎたら、1名1000円かかることなど説明をつける。 ちなみに、花火は音が出ないものであれば手持ち花火に限りできるようです。 (私は線香花火の喘息があるので、困るなぁと思いました。花火の煙を吸い込むことで子供の頃、喘息になることがあります。子供の頃はなんか咳がでるなぁなんだろ?と思うくらいで親も夏風邪かな子供だしね!って感じでしが、今なら言葉で伝えられます。花火や線香の煙を吸うと咳がでちゃってたんです!)   ハナレサイトへ向かうとお隣のダイノジサイトの方もすでに到着されていました。早いですね。   噂では聞いていましたが、地面がめちゃくちゃ固いです!! これはゴムハンマーだと入らない固さだと思います。立派なペグの方を持ってきておいてよかったです。アルミは曲がりそうでした。   雨予報に備えて、トルテュライトできました。 シールドルーフもばっちり装着! サーカスTCと違って、めちゃくちゃ設営に時間がかかりました〜〜(・_・;     三人でコットで寝るので、トルテュライトのインナーテントは持ってきませんでした。 ツールームをシェルターとして利用するという方法です。   街を見ながらキャンプなんて、初めてです。 そして、雨は当分降らなそうです。   虫がとても多かったです。都会にいる虫ではなくて、いわゆる山によくいる虫たち。 ハチもいました。 アリがたくさんいました。お菓子とかジュースとかこぼすとアリがあっという間に集まるので、気をつけなくてはいけません。 蚊は一度も見なかったのですが、蚊取り線香を持ってきたので炊きました。 蚊取り線香の煙も、咳がでそうになるのであまり吸い込まないよう気をつけていました。 スノーピークのポイントギフトでもらったソリッドステークです。ここでw   風通しのいいところに2箇所配置。   コットをコの字に並べてみました。   ハナレサイトにツールームだとこんな感じです。 景色を見たかったので、あえてこの配置。長すぎるツールームの方は横向きに配置されていました。   到着した時は26℃でした。夕方頃は24℃。時計が変だから直しました。 (スマホで撮影)   もらったキュウリは氷といっしょに冷やしておきました(スマホで撮影) 味噌とかないので、お塩でそのまま食べます。   旦那たちのお酒。(スマホで撮影)   オピネルナイフ。手前がサイズ8。奥がサイズ10。男性は10くらいがよさそうです。(スマホで撮影)   ローストビーフを焼き始めました(スマホで撮影)   塊り肉の脂身はそぎ取り焼いています。 精肉店のおじさんに500gといったのに、切ってもらったら800gでしたw   アルミホイルでくるんで時間を置いてから、切ります!   いい色!   馬刺し、これは100gです。   さて、精肉店でいただいたキュウリですが、5本くらいあって、2本食べたところで、男性たちギブアップw そこで、塊り肉から削ぎ落とした脂身の油でキュウリを炒めて、塩で味をつけたところめちゃくちゃおいしくなりました。パクパクいける! キュウリが嫌いな私も、食べられました。ナスみたいな感じになります。青臭さがなくなって、本当においしかったです。 子供の頃からキュウリを食べると気持ち悪くなっちゃう体質でした。 ある時、母親がキュウリを味噌汁に入れた出した時、不思議と食べられたんです。 なので、炒めたりして火を通したら美味しくなるんじゃと試したところ大成功!     ゆっくり陽がおちてきた。曇ってるけど、街の夜景はとても綺麗です。   18時くらいになると、いろいろなサイトから、ほったらかし温泉に向かうために人が動き始めるのが見えました。ハナレサイトからほったらかし温泉へは歩くと5分ちょいはかかると思います。見た感じ、みなさん歩きで向かってました。    ほったらかし温泉は大人800円。小学6年生までが400円です。   20時頃、温泉に行き、21時くらいには戻ってきました。 帰り道の区画サイトで、花火をされていて、ちょうど線香花火でした。 私は特に線香花火で強い喘息が出るので走って通り過ぎました(´・ω・`) へんな人だと思われそうだったけど、口を押さえて全速力で走りましたww      21時半には寝る準備をして、男性たちはコットに入りました。   テントを消灯して、   その後、私は、三脚で、夜景を撮影。   22時すぎにコットに入っていたのですが、気になったのは、歩く人の声。 「もうみんな寝ちゃったの〜、早くない〜〜?!」と大きな女の人の声。(子供だったのかな?) しかも持っているライトを無造作に持っているのか、光がテントに当たって、寝ようとしている私も、明るくなってハッとすることがありました。   キャンプ場の注意事項をみんなにも伝えておきましょう〜(⌒-⌒; )   お隣のお子さんは早めに就寝されていたのですが、親に「声がうるさくて寝られないから静かにして」と注意していました。よくできた子供だ!!!     コットでの初就寝でしたが、とても寝心地が良くて、あっという間に眠りにつきました。   ほったらかしキャンプ場③につづく〜〜〜   にほんブログ村 

  • ①【キャンプ場レポ】ほったらかしキャンプ場とほったらかし温泉!【山梨県】

    今回は、ず〜っと行きたかったほったらかしキャンプ場の内容です。 ほったらかしキャンプ場は、他の人気ブログさんでも多々紹介されています。 詳しい記事のブロガーさんとは違った目線で(初心者ということ)、記事を書いていけたらいいな〜と思っております(*・ω・)ノ   ほったらかしキャンプ場の予約のこと まず、ほったらかしキャンプ場の宿泊は今年2019年3月より、予約がオンラインのみとなりました。 4ヶ月先まで予約できます。が、月の初めの予約開始日には、土曜日はすぐに埋まってしまいます。 予約オンラインが開始した3月1日にアクセスしたら、すでに6月半ば以降のフリーサイトが空いているだけでした・・・ とりあえず空いていたフリーサイトを予約しました。 フリーサイトは1日3組ほどになるようです。前もって電話で確認したのですが、かなり狭く、ツールームだと厳しいかもしれないと言われました。 サーカスTCでもプラス、タープだと難しいかもしれないと言われました。 当日、フリーサイトに入った人のテントの大きさや車の大きさによるみたいで、 当日にならないとわからない感じでした。   話の雰囲気から、フリーサイトはソロや2人向け(コンパクト)のよう。 念入りに、他の方のブログでフリーサイトの記事や、YouTubeで検索したのですが、平日だったので余裕でしたと書かれていたり、コンパクトなテントの方が多くて、不安になりつつ、、、行ってみるしかないなぁって感じで行きました。 (結果、フリーサイトではなくハナレサイトになるので、そのことも後ほど書きます)   アーリーチェックインは11:30分で、プラス1000円です。 フリーサイトでもいい位置を取るため、アーリーチェックインをお願いしました。     さて、今回は3人で野遊びに出発!   予約したレンタカーは「NBOX」です。軽自動車!!   荷物が乗るか不安でしたのでみんな極力、コンパクトに。   うちにあるテントは、「サーカスTC」か「トルテュライト(ツールーム)」ですが、 雨がふりそうなのでポリコットンじゃない方がいいだろうと「トルテュライト」を持っていくことにしました。 コットで寝ようと思っているので、トルテュライトのインナーテントは思い切って家においていきました(´・ω・`) 大丈夫かな??  荷物、余裕なんですけど!!!! あれもこれも置いてきたけど、持って来ればよかったw   ほったらかしキャンプ場の場所 山梨県山梨市にあるキャンプ場です。    東京の初台の料金所からでも1時間40分もあれば着きます。   東京からとても近いキャンプ場です。勝沼インターを降りてからのアクセスもいいです。   近くのスーパーと精肉店 OGINO山梨店 山梨市なので、スーパーなども選び放題ですが、私たちが寄ったのは、 ほったらかしキャンプ場から16分くらいのスーパーOGINO山梨店   一般的な品揃えですし、野菜なども普通のスーパーです。 今回、ローストビーフをやりたかったのですが、オギノに塊り肉がなくて、精肉店にいくことにしました。 (隣に業務用スーパーと、目の前にダイソーがありました)   とてもいい精肉店を見つけたので書きたいと思います。   北井精肉店 ほったらかしキャンプ場から20分くらいのところにある、北井精肉店さんです。   営業時間は朝5時から! 電話で塊り肉があるか聞いてみたら、ありますよ〜とのこと。   馬刺しも売っています。青森県産と外国産。おじさんとおばさんがいらっしゃって、外国産の方が、やわらかいよとのこと。味はどっちも変わらないくらいおいしいと、外国産を押していただいたので、そちらにしました。 馬刺しは1人50gくらいあればいいとのことで150g購入。 塊りの肉は、「勝沼で有名」な「ぶどう牛」の肉をおすすめされたのでそちらを購入しました。 ケースに入っていなお肉もあるので聞いてみましょう。 おじさんが、おもむろに外に歩き出してきゅうりを持ってきてくれました。 「ここで採れたちょっと形の悪い奴だけどおいしいよ!持ってって」 こんなにくれました!!!!! 私、キュウリが苦手なんですけど、何も言えず貰いました。ありがとうございます〜 男性2人はキュウリ大好きなので、2人が食べます! 見た目は普通のお家みたいな外観ですよ〜。旗を目印にしてください。   果物が買いたいなら笛吹川フルーツ公園も途中にありますし、買い物に困ることはないロケーションです(*・ω・)ノ     ほったらかしキャンプ場へ向かいます。ほったらかし温泉には来たことがあるので、 途中までまったく同じ道を登ります。 笛吹川フルーツ公園も過ぎて、けっこう登っていきます。 ほったらかしキャンプ場に到着 ほったらかし温泉を過ぎたらすぐに、キャンプ場の看板が見えます。    念願の「ほったらかしキャンプ場」にきた(∩˃o˂∩)♡ 曇天です。 アーリーチェックイン アーリーチェックインを勝手に11時だと思っていた私は、11時チョット前に到着。 早とちりの私「今日宿泊の〇〇です、アーリーチェックインできますか?」 スタッフさん「アーリーチェックインは11時30分からですよ」 早とちりの私「・・・えっ!ど、どこかで時間潰してまたきます(照れる)」 11時30分だってわかって、みんな苦笑い。おっちょこちょいでごめんなさい。   でも!いいこともありましたっ。   この時にフリーサイトの他の方がアーリーチェックインされるか聞いてみたところ、 今の所連絡はないから大丈夫そうなんだけど、、突然来てアーリーにされる方もいるとのこと。 そんな話をしたら、スタッフさんが思いついて 「今日、ハナレサイトが3つ空いてるんですよ。プラス500円で、そっちに移動できますよ?」 「時間まだあるから、3つのサイトを今から見に行って決めてもらっていいっすよ!」   ナイスガイなスタッフさんたちにそのように言っていただけて、興奮して三人で見に行きました。   清掃の時間のようなので、車は使わず、歩いて見に行きました。   サイトの説明 フリーサイトは3組くらい入れるのですが、その3組の車やテントの大きさによっては、ハナレサイトの1区画よりもずっと小さくなってしまうとのことです。 今回空いていたハナレサイトは、青いマークを付けたハナレサイト7と8、そして下の段のハナレサイト2のところでした。 スタッフさんのオススメはその3つなら「7」とのこと。   雨予報だし、事前のキャンセルがあったんでしょうね。   スタッフさんに写真撮影していいか確認してからしゅっぱ〜つ。 (ここからはSONY RX1RIIで撮影) 看板がかわいいです。 カラフル! ここにも、看板ある〜。 また看板!いろんなパターンの標識?がかわいいです。   キャンプサイトに行く途中に、ちょっとした販売所がありました。 セブンティーンアイス、おいしいですよね。 ここはフリーサイトに入る道の手前にある小屋です。 何かあったときに受付まで行かなくてもいいって便利ですね。   喫煙できるような場所もあります。 子供達が遊びたくなるような場所も。   フリーサイトの入り口の矢印。 地図だとこんな感じです。 赤矢印がフリーサイトへの下り道。  このフリーサイトと区画サイトの間にトイレがあります。 (キャンプ場が広くて、残念ながら黄色い矢印のダイノジサイト/区画サイトをみることができませんでした)   かわいいデザインのトイレです。 清潔にされています。 洗浄器付きトイレで、便座も冷たくありません。  区画サイト1〜5 区画サイトを清掃しているスタッフさんが遠くに見えます。 ここの区画サイトも景色がひらけていてとてもよさそうです。 綺麗な区画サイト。スタッフさんが毎回綺麗にしてくれているんですね♪ 区画サイトからの景色。雲が多いので、街並みがガスっぽくなっていますが、すばらしい景色です! 区画サイト2あたりからの景色です。 フリーサイト  区画サイトからフリーサイトが見えました。 11時チェックアウトですが人がいます。 チェックアウトの11時を過ぎると、1人1000円徴収されます。 記念写真を撮っているようでしたので、もうお金かかるのをわかって、過ぎた時間を楽しんでいるようでしたw 人がいるのでフリーサイトの大きさがわかりやすいかと思います。 ここに3組きて、もしみんなツールームだったら、、、入らないかも。 車もありますし。偶然みんなハイエースできてたら、、、、無理かもです(-。-; 奥の人のために、車が通る道もあけてテントを設営しなくてはいけません、、、   ハナレサイト0〜6 さて、青の矢印の部分を歩いてハナレサイトの下段側にきました。 下段はハナレサイト0〜6番です。   ハナレサイト0に連泊の方がいらっしゃるようです。連泊あこがれます。 上から見るとハナレサイトの0、1、2はこんな感じです。0の奥に1つサイトがあるように思えますが、ここは割り振りされていないようです。  上から見たハナレサイト3〜6です。奥が6です。   ハナレサイトの上段へいきます。ここにはダイノジサイトと、ハナレサイトの7〜11があります。   ここに水場と、トイレがありました。   ほったらかしキャンプ場のトイレはとにかく綺麗ってのもありますが、ちょうどいい場所に水場とトイレがあって使いやすそうです。   ダイノジサイト とても広く、ツールームを2つ、車2台停められる大きさで、さらにはダイノジサイト専用の水場もあります。 これは便利そうですね。ファミリーやグループキャンプの方には人気のサイトかとおもいます。   電源ですが、どのサイトにも電源が取り付けてあり、追加料金1000円で利用可能です。 こんなにお客さんのことを考えているキャンプ場、すごいです。   ハナレサイト7 なかなかの広さです!!! 景色を楽しむ旦那さんとお友達。「絶景ですね〜」思わず声がでてしまいます。   ハナレサイト8〜11と、奥にほったらかし①という動物を話してもいいケージつきのサイトが見えます。   うちの旦那はお酒を飲むとトイレがとても近くなるので、ハナレサイトの7にしようかという話になりました。   受付に戻り、ハナレサイトの7に変更したいと伝えました。   ほったらかしキャンプ場のまとめ紹介(2019.7) 【住所】山梨県山梨市矢坪1669−25 【電話】080-96771010(受付9:00〜18:00) 【チェックイン:チェックアウト】イン13:00〜17:00、アウト11時 【アーリーチェックイン】 11:30〜 1区画1000円 【営業期間】通年営業 【ゴミ】 300円で回収  炭は場内3箇所のドラム缶へ捨ててok 【直火】 不可 【ペット】 OK 【クレジットカード】2019年7月現在不可 【料金】区画サイト(ハナレサイト、区画サイト)2000円     フリーサイト1500円     ダイノジ、ほったらかしサイト 3500円 【電源使用量】1000円(申告制)800W 【宿泊料】平日 大人1500円、小学生500円      休前日 大人2000円、小学生1000円 【設備】 ウォッシュレットトイレ完備       炊事棟あり(私が使ったところはお湯はでませんでした) 【薪】 600円 お土産もたくさん売ってます。   ステッカーや缶バッチも。  薪は600円。   ほったらかし温泉 なんたって、歩いて5分ほどのところにほったらかし温泉があることがこのキャンプ場のすばらしい魅力の1つです。   サイトをフリーサイトからハナレサイトへ変更してもらい、アーリーチェックインまでまだ20分ほどあったので、ほったらかし温泉へ歩いて行ってきました。   前に来た時は、「あっちの湯」にはいりました。 ゆるキャンでも登場した、温玉あげ140円。 やっぱりこれだ!と、旦那とお友達はビールと温玉。   スムージー屋さんが来ていたので、私はスムージーにしました。 温玉あげと、スムージ。冷たくておいしい桃のスムージー。 今の所、晴れにちかい 曇りです。  キャンプについて、②に書きたいと思います。   にほんブログ村 

  • イラストは下手だけど描きたくなる時もある

    四尾連湖に行った時のキャンプ場のメモ書きとしてイラストを描いていました。 初めてのキャンプ場だったので、また行きたいと思いどんなところか覚えておこうと描いたのですが、水明荘書くのが難しくてwやけにペラペラになってます。 これみて思い出したけど予約で電話したんだなぁ、何も覚えてないな。 四尾連湖に行った2018年3月31日にはホームページが簡易的なものだったけど今ではリニューアルされています。 www.emicamp.com   ふもとっぱらのイラストも描いてましたw絵心はほとんどないので、広大な感じが出したくても出せず、印象が強かったものだけ描いてますw         数年経つと、キャンプ場の値段や、薪などの販売物の値段が変わってたりするんだろうな〜と思って、メモっておいたら何か役に立つかなと描いたんですけど、結局、みなさんのブログみてチェックするからあんまり意味ないかな〜と思っていますww   帰ってきてから思い出しながら描いてたけど、キャンプ場で描こうかな。 そんな余裕が持てる日がきたら、、、、 描き続けたら上手になるかな〜〜〜〜(´・ω・`)     p.s 梅雨がもうすぐ関東にもやってくる〜〜〜っ   にほんブログ村 

  • ぐたぐたになった初キャン「四尾連湖水明荘キャンプ場」

     2018年3月の終わり、初めてのキャンプに行きました。 手探りキャンプだし、道具も揃っていないキャンプでした(´・ω・`)   初めて行ったキャンプ場は四尾連湖キャンプ場でした。 「しびれこ」と読みます!   こちらが四尾連湖の水明荘さんの写真です。 水明荘のバンガローにも宿泊できるし、レイクサイドにテントを張って泊まることもできるキャンプ場です。 キャンプ場の方を予約しました。   が、 キャンパーの友達に楽しみだなぁとキャンプ場を伝えると調べてくれたらしく 「初心者には結構ハードル高いとこかも?」と言われました。   え?どういうことだろう、、((((;´・ω・`))) キャンプ場を知らない私はハードルが高いということもどういうことかわからず、   楽しみ〜!ひゅぅ〜〜っ(∩˃o˂∩)♡ そんな感じで行きました。   四尾連湖、、、 人に「しびれこ」行ったよ、っていうと「?痺れ粉?」と頭で変換されるようです。 あたしもそーだった(〃'∇'〃)ゝ   場所はここ↓ 近づいてみると   地図で見ると平らですけど、実際に行くと、かなりの山の上でした!!! のぼるのぼる。   自転車とかでは絶対いけない!(行く人もいるかもだけど)   五人で行きました。 キャンプ場に着くと広めの駐車場があって、ここかな?と入ったらトランシーバーをもった男性に第一駐車場が空いてるからそっちいってね〜と言われました。   レンタカーで三菱のデリカを借りて行ったのですが、ギリギリの細い道を通り 駐車場へたどり着きました(;^ω^A   たどり着いたら雰囲気のいいお兄さんが出てきて案内してくれました。   好⭐︎印⭐︎象!   駐車場は1日1台400円 なので1泊すると2日になるので1台800円です。1回400円じゃないので注意。 一輪車でレイクサイドまで荷物を運ぶ仕組みです。 一輪車じゃなくて、ボートで運搬することも可能ですが、500円かかります。 もちろん、自分で漕ぐボートです。   カレーも食べられたり、チャイを飲めたりもします。 ちなみにこれがボートです。私の腕じゃ落ちそうなので今回はやめておきました。   トイレはキャンプ場側にもありますが、ここの受付にも比較的きれいなトイレがあります。キャンプ場側のは、ちょっと怖いトイレですので、受付側に来てトイレを済ますこともできます。(キャンプ場から距離あります)受付側のトイレはこんな感じ。節水のため、ペーパーは流さずゴミ箱へ! いざ!一輪車〜!!!(リアカーの一輪車) バランスが難し〜。子供の頃、おばあちゃんとこれで畑に行ったなぁ。 乗る方が楽しかったけど、、、懐かしい。 都会っ子はほとんど一輪車とは触れ合ったことないようです。 そ、そうなんだ∑(; ̄□ ̄A  湖、とっても綺麗です。遠くにテントが見えるのわかりますか?? あそこまで一輪車で運ばなくてはいけません。 これは、たしかにハードル高いかも。   功を奏したと思うのが初めてのキャンプだということ。 荷物が少ない方だから!   さて、テントが張れる場所まで来ました。   すでにいい場所はベテランに攻め込まれております。   ちょっと開けた平地のような場所と、 林の中に設営することも可能です。   林や、平地の奥の方は既にテントが張られていたので、私たちは一番目立つ平地のど真ん中へ。 たしか15時前くらいに到着したのですが、やっぱりもう少し早く到着しないとダメですね。   タープはレンタル業者にウェブであらかじめレンタルして四尾連湖へ送ってもらいました。帰りもここから発送してもらえます。 まだ今後キャンプをやるかわからなかったのでレンタルにしました。   しかし、タープを張るのも初めてで、めちゃくちゃ時間がかかりました。 というのも、タープの張り方はネットで検索しながらやろうよ!と思っていたのです が、、、 あぁつ!!!!!!Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン   で、電波がない! au、ソフトバンクの電波が壊滅。 ドコモがかろうじて入るって感じ。動画は見られません。   頼みの綱のネットでの検索も出来ず、   隣の人にタープの紐の結び方を聞きに行ったりして、、、 そしたらその人もよくわかってない人だったりして、、、ww   めちゃくちゃ時間がかかって、四尾連湖の散策もできず。   なんとか張り終えました。   初めてのキャンプですが、イスだけは肝心だろうと、みんなイスだけはしっかり購入しましたwww 暗くなってきました。 なので、おそるおそる焚き火も始めました。 直火NGです。直火オッケーなのは広場の元々設置されているところだけです。   コールマンの焚き火台もレンタルして使いましたが、 広場にあった焚き火のところも使わせてもらいました。空いててラッキー!   火をつける時も松ぼっくりで着くかな?とか試しましたけど、失敗ww 誰かが着火剤を持ってきていて助かりました〜 やっと少し火がついたころには、真っ暗〜! 薪は1束500円〜です。 途中、なくなって買いに行きました。 食材などはないので前もって買っていきましょう。   満月で、湖に映る月が光の道を作っていました。 寒かったです。 ランタンですが、小さいのが3つだけあって、焚き火が消えたら真っ暗。 この小さいのはテントの中しか生きない!大きいのがいるなぁとしみじみ。   息も白く、霜も降りるくらい寒い夜。   シュラフ買って持ってきてよかったです。   朝、、 男性のいびきがこのキャンプ場に響き渡っておりました。   すごい、いろんなテントからイビキが聞こえる(」゚ロ゚)」 さらには携帯のアラームがなっているテントもありましたが、起きる気配がありません。 男性って眠りが深いんですね。 朝、お味噌汁を作って温まって、 その後、ホットサンドを作りました。   朝、気持ちのいいレイクサイド トイレが近くにあったので人の往来があったり、 風によって臭いが運ばれたりしました。 男性のトイレは壁にするタイプだったみたいです。   臭いし外にあるいわゆるぼっとん便所なので、苦手な人もいるかもしれません。私は平気でした。電気はついてます。一度、床にう●こが落ちていて、ずっとあるの嫌だなと、しぶしぶトイレを掃除する棒で落としましたよ、、、   四尾連湖自体はライトとかないので、ヘッドライトがあったほうが歩きやすいです。   ★初心者に厳しいと思われる点★ ・トイレ(ぼっとん)。受付は水洗トイレだけど遠い ・一輪車で何百メートルか荷物を運搬(ボート可) ・電波がない   ★値段まとめ★ 駐車場 1日400円 大人一泊 1,500円 休日前2,000円 直火 NG (一部直火オッケーの場所あり)   水明荘のお泊まりのプランもあります。 そちらはお風呂などもあります。     道具とかもっと揃えたいなぁと思ったキャンプでした。   今回のカメラはFUJIFILMのx-pro2で撮影しました。     ★四尾連湖に2度目のキャンプ!!!!★  1度目を踏まえ、しっかりキャンプしました〜   ★四尾連湖水明荘キャンプ場で、どんなサイトがあるのか不安な方にサイトの詳細のレポートもしております★   ★四尾連湖の動画も作成してみました。こちらは四尾連湖周回散策の様子です★ www.emicamp.com   ランキングに参加しております!もしよろしかったらクリックお願いします。 にほんブログ村

  • ②曇天と雨でも絶景のほったらかしキャンプ場「設営と夕飯編」

    「念願のほったらかしキャンプ場」②の記事です。   △これまでのあらすじ△ アーリーチェックインの時間を間違えて到着したemi一行。しかし運よく、フリーサイトから当日空いていたハナレサイト7へ変更することができた!11時30分までほったらかし温泉で温玉あげを食し、11時30分にキャンプ場へもどったのであった。 詳しくはこちら↓   ほったらかし温泉でちょっと時間を潰して、車で戻ると30秒くらいで戻れました。 アーリーチェックインの方がすでに何組か来ていて、 何人かのスタッフさんが、手際よく対応してくれて、すっと入れました。   ■ゴミは300円で回収してくれる話や、 ■22時になると車が通行できなくなるように防犯ゲートができる、 (ほったらかし温泉が21:30までが受付で、車でいって22時すぎに帰ろうと思ったら入れなくなってる。気を付けてください) ■22時消灯 ■音楽禁止、話し声、あかりなど十分配慮すること。(見回りあり) ■チェックアウト11時を過ぎたら、1名1000円かかることなど説明をつける。 ちなみに、花火は音が出ないものであれば手持ち花火に限りできるようです。 (私は線香花火の喘息があるので、困るなぁと思いました。花火の煙を吸い込むことで子供の頃、喘息になることがあります。子供の頃はなんか咳がでるなぁなんだろ?と思うくらいで親も夏風邪かな子供だしね!って感じでしが、今なら言葉で伝えられます。花火や線香の煙を吸うと咳がでちゃってたんです!)   ハナレサイトへ向かうとお隣のダイノジサイトの方もすでに到着されていました。早いですね。   噂では聞いていましたが、地面がめちゃくちゃ固いです!! これはゴムハンマーだと入らない固さだと思います。立派なペグの方を持ってきておいてよかったです。アルミは曲がりそうでした。   雨予報に備えて、トルテュライトできました。 シールドルーフもばっちり装着! サーカスTCと違って、めちゃくちゃ設営に時間がかかりました〜〜(・_・;     三人でコットで寝るので、トルテュライトのインナーテントは持ってきませんでした。 ツールームをシェルターとして利用するという方法です。   街を見ながらキャンプなんて、初めてです。 そして、雨は当分降らなそうです。   虫がとても多かったです。都会にいる虫ではなくて、いわゆる山によくいる虫たち。 ハチもいました。 アリがたくさんいました。お菓子とかジュースとかこぼすとアリがあっという間に集まるので、気をつけなくてはいけません。 蚊は一度も見なかったのですが、蚊取り線香を持ってきたので炊きました。 蚊取り線香の煙も、咳がでそうになるのであまり吸い込まないよう気をつけていました。 スノーピークのポイントギフトでもらったソリッドステークです。ここでw   風通しのいいところに2箇所配置。   コットをコの字に並べてみました。   ハナレサイトにツールームだとこんな感じです。 景色を見たかったので、あえてこの配置。長すぎるツールームの方は横向きに配置されていました。   到着した時は26℃でした。夕方頃は24℃。時計が変だから直しました。 (スマホで撮影)   もらったキュウリは氷といっしょに冷やしておきました(スマホで撮影) 味噌とかないので、お塩でそのまま食べます。   旦那たちのお酒。(スマホで撮影)   オピネルナイフ。手前がサイズ8。奥がサイズ10。男性は10くらいがよさそうです。(スマホで撮影)   ローストビーフを焼き始めました(スマホで撮影)   塊り肉の脂身はそぎ取り焼いています。 精肉店のおじさんに500gといったのに、切ってもらったら800gでしたw   アルミホイルでくるんで時間を置いてから、切ります!   いい色!   馬刺し、これは100gです。   さて、精肉店でいただいたキュウリですが、5本くらいあって、2本食べたところで、男性たちギブアップw そこで、塊り肉から削ぎ落とした脂身の油でキュウリを炒めて、塩で味をつけたところめちゃくちゃおいしくなりました。パクパクいける! キュウリが嫌いな私も、食べられました。ナスみたいな感じになります。青臭さがなくなって、本当においしかったです。 子供の頃からキュウリを食べると気持ち悪くなっちゃう体質でした。 ある時、母親がキュウリを味噌汁に入れた出した時、不思議と食べられたんです。 なので、炒めたりして火を通したら美味しくなるんじゃと試したところ大成功!     ゆっくり陽がおちてきた。曇ってるけど、街の夜景はとても綺麗です。   18時くらいになると、いろいろなサイトから、ほったらかし温泉に向かうために人が動き始めるのが見えました。ハナレサイトからほったらかし温泉へは歩くと5分ちょいはかかると思います。見た感じ、みなさん歩きで向かってました。    ほったらかし温泉は大人800円。小学6年生までが400円です。   20時頃、温泉に行き、21時くらいには戻ってきました。 帰り道の区画サイトで、花火をされていて、ちょうど線香花火でした。 私は特に線香花火で強い喘息が出るので走って通り過ぎました(´・ω・`) へんな人だと思われそうだったけど、口を押さえて全速力で走りましたww      21時半には寝る準備をして、男性たちはコットに入りました。   テントを消灯して、   その後、私は、三脚で、夜景を撮影。   22時すぎにコットに入っていたのですが、気になったのは、歩く人の声。 「もうみんな寝ちゃったの〜、早くない〜〜?!」と大きな女の人の声。(子供だったのかな?) しかも持っているライトを無造作に持っているのか、光がテントに当たって、寝ようとしている私も、明るくなってハッとすることがありました。   キャンプ場の注意事項をみんなにも伝えておきましょう〜(⌒-⌒; )   お隣のお子さんは早めに就寝されていたのですが、親に「声がうるさくて寝られないから静かにして」と注意していました。よくできた子供だ!!!     コットでの初就寝でしたが、とても寝心地が良くて、あっという間に眠りにつきました。   ほったらかしキャンプ場③につづく〜〜〜   にほんブログ村 

  • ①【キャンプ場レポ】ほったらかしキャンプ場とほったらかし温泉!【山梨県】

    今回は、ず〜っと行きたかったほったらかしキャンプ場の内容です。 ほったらかしキャンプ場は、他の人気ブログさんでも多々紹介されています。 詳しい記事のブロガーさんとは違った目線で(初心者ということ)、記事を書いていけたらいいな〜と思っております(*・ω・)ノ   ほったらかしキャンプ場の予約のこと まず、ほったらかしキャンプ場の宿泊は今年2019年3月より、予約がオンラインのみとなりました。 4ヶ月先まで予約できます。が、月の初めの予約開始日には、土曜日はすぐに埋まってしまいます。 予約オンラインが開始した3月1日にアクセスしたら、すでに6月半ば以降のフリーサイトが空いているだけでした・・・ とりあえず空いていたフリーサイトを予約しました。 フリーサイトは1日3組ほどになるようです。前もって電話で確認したのですが、かなり狭く、ツールームだと厳しいかもしれないと言われました。 サーカスTCでもプラス、タープだと難しいかもしれないと言われました。 当日、フリーサイトに入った人のテントの大きさや車の大きさによるみたいで、 当日にならないとわからない感じでした。   話の雰囲気から、フリーサイトはソロや2人向け(コンパクト)のよう。 念入りに、他の方のブログでフリーサイトの記事や、YouTubeで検索したのですが、平日だったので余裕でしたと書かれていたり、コンパクトなテントの方が多くて、不安になりつつ、、、行ってみるしかないなぁって感じで行きました。 (結果、フリーサイトではなくハナレサイトになるので、そのことも後ほど書きます)   アーリーチェックインは11:30分で、プラス1000円です。 フリーサイトでもいい位置を取るため、アーリーチェックインをお願いしました。     さて、今回は3人で野遊びに出発!   予約したレンタカーは「NBOX」です。軽自動車!!   荷物が乗るか不安でしたのでみんな極力、コンパクトに。   うちにあるテントは、「サーカスTC」か「トルテュライト(ツールーム)」ですが、 雨がふりそうなのでポリコットンじゃない方がいいだろうと「トルテュライト」を持っていくことにしました。 コットで寝ようと思っているので、トルテュライトのインナーテントは思い切って家においていきました(´・ω・`) 大丈夫かな??  荷物、余裕なんですけど!!!! あれもこれも置いてきたけど、持って来ればよかったw   ほったらかしキャンプ場の場所 山梨県山梨市にあるキャンプ場です。    東京の初台の料金所からでも1時間40分もあれば着きます。   東京からとても近いキャンプ場です。勝沼インターを降りてからのアクセスもいいです。   近くのスーパーと精肉店 OGINO山梨店 山梨市なので、スーパーなども選び放題ですが、私たちが寄ったのは、 ほったらかしキャンプ場から16分くらいのスーパーOGINO山梨店   一般的な品揃えですし、野菜なども普通のスーパーです。 今回、ローストビーフをやりたかったのですが、オギノに塊り肉がなくて、精肉店にいくことにしました。 (隣に業務用スーパーと、目の前にダイソーがありました)   とてもいい精肉店を見つけたので書きたいと思います。   北井精肉店 ほったらかしキャンプ場から20分くらいのところにある、北井精肉店さんです。   営業時間は朝5時から! 電話で塊り肉があるか聞いてみたら、ありますよ〜とのこと。   馬刺しも売っています。青森県産と外国産。おじさんとおばさんがいらっしゃって、外国産の方が、やわらかいよとのこと。味はどっちも変わらないくらいおいしいと、外国産を押していただいたので、そちらにしました。 馬刺しは1人50gくらいあればいいとのことで150g購入。 塊りの肉は、「勝沼で有名」な「ぶどう牛」の肉をおすすめされたのでそちらを購入しました。 ケースに入っていなお肉もあるので聞いてみましょう。 おじさんが、おもむろに外に歩き出してきゅうりを持ってきてくれました。 「ここで採れたちょっと形の悪い奴だけどおいしいよ!持ってって」 こんなにくれました!!!!! 私、キュウリが苦手なんですけど、何も言えず貰いました。ありがとうございます〜 男性2人はキュウリ大好きなので、2人が食べます! 見た目は普通のお家みたいな外観ですよ〜。旗を目印にしてください。   果物が買いたいなら笛吹川フルーツ公園も途中にありますし、買い物に困ることはないロケーションです(*・ω・)ノ     ほったらかしキャンプ場へ向かいます。ほったらかし温泉には来たことがあるので、 途中までまったく同じ道を登ります。 笛吹川フルーツ公園も過ぎて、けっこう登っていきます。 ほったらかしキャンプ場に到着 ほったらかし温泉を過ぎたらすぐに、キャンプ場の看板が見えます。    念願の「ほったらかしキャンプ場」にきた(∩˃o˂∩)♡ 曇天です。 アーリーチェックイン アーリーチェックインを勝手に11時だと思っていた私は、11時チョット前に到着。 早とちりの私「今日宿泊の〇〇です、アーリーチェックインできますか?」 スタッフさん「アーリーチェックインは11時30分からですよ」 早とちりの私「・・・えっ!ど、どこかで時間潰してまたきます(照れる)」 11時30分だってわかって、みんな苦笑い。おっちょこちょいでごめんなさい。   でも!いいこともありましたっ。   この時にフリーサイトの他の方がアーリーチェックインされるか聞いてみたところ、 今の所連絡はないから大丈夫そうなんだけど、、突然来てアーリーにされる方もいるとのこと。 そんな話をしたら、スタッフさんが思いついて 「今日、ハナレサイトが3つ空いてるんですよ。プラス500円で、そっちに移動できますよ?」 「時間まだあるから、3つのサイトを今から見に行って決めてもらっていいっすよ!」   ナイスガイなスタッフさんたちにそのように言っていただけて、興奮して三人で見に行きました。   清掃の時間のようなので、車は使わず、歩いて見に行きました。   サイトの説明 フリーサイトは3組くらい入れるのですが、その3組の車やテントの大きさによっては、ハナレサイトの1区画よりもずっと小さくなってしまうとのことです。 今回空いていたハナレサイトは、青いマークを付けたハナレサイト7と8、そして下の段のハナレサイト2のところでした。 スタッフさんのオススメはその3つなら「7」とのこと。   雨予報だし、事前のキャンセルがあったんでしょうね。   スタッフさんに写真撮影していいか確認してからしゅっぱ〜つ。 (ここからはSONY RX1RIIで撮影) 看板がかわいいです。 カラフル! ここにも、看板ある〜。 また看板!いろんなパターンの標識?がかわいいです。   キャンプサイトに行く途中に、ちょっとした販売所がありました。 セブンティーンアイス、おいしいですよね。 ここはフリーサイトに入る道の手前にある小屋です。 何かあったときに受付まで行かなくてもいいって便利ですね。   喫煙できるような場所もあります。 子供達が遊びたくなるような場所も。   フリーサイトの入り口の矢印。 地図だとこんな感じです。 赤矢印がフリーサイトへの下り道。  このフリーサイトと区画サイトの間にトイレがあります。 (キャンプ場が広くて、残念ながら黄色い矢印のダイノジサイト/区画サイトをみることができませんでした)   かわいいデザインのトイレです。 清潔にされています。 洗浄器付きトイレで、便座も冷たくありません。  区画サイト1〜5 区画サイトを清掃しているスタッフさんが遠くに見えます。 ここの区画サイトも景色がひらけていてとてもよさそうです。 綺麗な区画サイト。スタッフさんが毎回綺麗にしてくれているんですね♪ 区画サイトからの景色。雲が多いので、街並みがガスっぽくなっていますが、すばらしい景色です! 区画サイト2あたりからの景色です。 フリーサイト  区画サイトからフリーサイトが見えました。 11時チェックアウトですが人がいます。 チェックアウトの11時を過ぎると、1人1000円徴収されます。 記念写真を撮っているようでしたので、もうお金かかるのをわかって、過ぎた時間を楽しんでいるようでしたw 人がいるのでフリーサイトの大きさがわかりやすいかと思います。 ここに3組きて、もしみんなツールームだったら、、、入らないかも。 車もありますし。偶然みんなハイエースできてたら、、、、無理かもです(-。-; 奥の人のために、車が通る道もあけてテントを設営しなくてはいけません、、、   ハナレサイト0〜6 さて、青の矢印の部分を歩いてハナレサイトの下段側にきました。 下段はハナレサイト0〜6番です。   ハナレサイト0に連泊の方がいらっしゃるようです。連泊あこがれます。 上から見るとハナレサイトの0、1、2はこんな感じです。0の奥に1つサイトがあるように思えますが、ここは割り振りされていないようです。  上から見たハナレサイト3〜6です。奥が6です。   ハナレサイトの上段へいきます。ここにはダイノジサイトと、ハナレサイトの7〜11があります。   ここに水場と、トイレがありました。   ほったらかしキャンプ場のトイレはとにかく綺麗ってのもありますが、ちょうどいい場所に水場とトイレがあって使いやすそうです。   ダイノジサイト とても広く、ツールームを2つ、車2台停められる大きさで、さらにはダイノジサイト専用の水場もあります。 これは便利そうですね。ファミリーやグループキャンプの方には人気のサイトかとおもいます。   電源ですが、どのサイトにも電源が取り付けてあり、追加料金1000円で利用可能です。 こんなにお客さんのことを考えているキャンプ場、すごいです。   ハナレサイト7 なかなかの広さです!!! 景色を楽しむ旦那さんとお友達。「絶景ですね〜」思わず声がでてしまいます。   ハナレサイト8〜11と、奥にほったらかし①という動物を話してもいいケージつきのサイトが見えます。   うちの旦那はお酒を飲むとトイレがとても近くなるので、ハナレサイトの7にしようかという話になりました。   受付に戻り、ハナレサイトの7に変更したいと伝えました。   ほったらかしキャンプ場のまとめ紹介(2019.7) 【住所】山梨県山梨市矢坪1669−25 【電話】080-96771010(受付9:00〜18:00) 【チェックイン:チェックアウト】イン13:00〜17:00、アウト11時 【アーリーチェックイン】 11:30〜 1区画1000円 【営業期間】通年営業 【ゴミ】 300円で回収  炭は場内3箇所のドラム缶へ捨ててok 【直火】 不可 【ペット】 OK 【クレジットカード】2019年7月現在不可 【料金】区画サイト(ハナレサイト、区画サイト)2000円     フリーサイト1500円     ダイノジ、ほったらかしサイト 3500円 【電源使用量】1000円(申告制)800W 【宿泊料】平日 大人1500円、小学生500円      休前日 大人2000円、小学生1000円 【設備】 ウォッシュレットトイレ完備       炊事棟あり(私が使ったところはお湯はでませんでした) 【薪】 600円 お土産もたくさん売ってます。   ステッカーや缶バッチも。  薪は600円。   ほったらかし温泉 なんたって、歩いて5分ほどのところにほったらかし温泉があることがこのキャンプ場のすばらしい魅力の1つです。   サイトをフリーサイトからハナレサイトへ変更してもらい、アーリーチェックインまでまだ20分ほどあったので、ほったらかし温泉へ歩いて行ってきました。   前に来た時は、「あっちの湯」にはいりました。 ゆるキャンでも登場した、温玉あげ140円。 やっぱりこれだ!と、旦那とお友達はビールと温玉。   スムージー屋さんが来ていたので、私はスムージーにしました。 温玉あげと、スムージ。冷たくておいしい桃のスムージー。 今の所、晴れにちかい 曇りです。  キャンプについて、②に書きたいと思います。   にほんブログ村 

  • イラストは下手だけど描きたくなる時もある

    四尾連湖に行った時のキャンプ場のメモ書きとしてイラストを描いていました。 初めてのキャンプ場だったので、また行きたいと思いどんなところか覚えておこうと描いたのですが、水明荘書くのが難しくてwやけにペラペラになってます。 これみて思い出したけど予約で電話したんだなぁ、何も覚えてないな。 四尾連湖に行った2018年3月31日にはホームページが簡易的なものだったけど今ではリニューアルされています。 www.emicamp.com   ふもとっぱらのイラストも描いてましたw絵心はほとんどないので、広大な感じが出したくても出せず、印象が強かったものだけ描いてますw         数年経つと、キャンプ場の値段や、薪などの販売物の値段が変わってたりするんだろうな〜と思って、メモっておいたら何か役に立つかなと描いたんですけど、結局、みなさんのブログみてチェックするからあんまり意味ないかな〜と思っていますww   帰ってきてから思い出しながら描いてたけど、キャンプ場で描こうかな。 そんな余裕が持てる日がきたら、、、、 描き続けたら上手になるかな〜〜〜〜(´・ω・`)     p.s 梅雨がもうすぐ関東にもやってくる〜〜〜っ   にほんブログ村 

  • ぐたぐたになった初キャン「四尾連湖水明荘キャンプ場」

     2018年3月の終わり、初めてのキャンプに行きました。 手探りキャンプだし、道具も揃っていないキャンプでした(´・ω・`)   初めて行ったキャンプ場は四尾連湖キャンプ場でした。 「しびれこ」と読みます!   こちらが四尾連湖の水明荘さんの写真です。 水明荘のバンガローにも宿泊できるし、レイクサイドにテントを張って泊まることもできるキャンプ場です。 キャンプ場の方を予約しました。   が、 キャンパーの友達に楽しみだなぁとキャンプ場を伝えると調べてくれたらしく 「初心者には結構ハードル高いとこかも?」と言われました。   え?どういうことだろう、、((((;´・ω・`))) キャンプ場を知らない私はハードルが高いということもどういうことかわからず、   楽しみ〜!ひゅぅ〜〜っ(∩˃o˂∩)♡ そんな感じで行きました。   四尾連湖、、、 人に「しびれこ」行ったよ、っていうと「?痺れ粉?」と頭で変換されるようです。 あたしもそーだった(〃'∇'〃)ゝ   場所はここ↓ 近づいてみると   地図で見ると平らですけど、実際に行くと、かなりの山の上でした!!! のぼるのぼる。   自転車とかでは絶対いけない!(行く人もいるかもだけど)   五人で行きました。 キャンプ場に着くと広めの駐車場があって、ここかな?と入ったらトランシーバーをもった男性に第一駐車場が空いてるからそっちいってね〜と言われました。   レンタカーで三菱のデリカを借りて行ったのですが、ギリギリの細い道を通り 駐車場へたどり着きました(;^ω^A   たどり着いたら雰囲気のいいお兄さんが出てきて案内してくれました。   好⭐︎印⭐︎象!   駐車場は1日1台400円 なので1泊すると2日になるので1台800円です。1回400円じゃないので注意。 一輪車でレイクサイドまで荷物を運ぶ仕組みです。 一輪車じゃなくて、ボートで運搬することも可能ですが、500円かかります。 もちろん、自分で漕ぐボートです。   カレーも食べられたり、チャイを飲めたりもします。 ちなみにこれがボートです。私の腕じゃ落ちそうなので今回はやめておきました。   トイレはキャンプ場側にもありますが、ここの受付にも比較的きれいなトイレがあります。キャンプ場側のは、ちょっと怖いトイレですので、受付側に来てトイレを済ますこともできます。(キャンプ場から距離あります)受付側のトイレはこんな感じ。節水のため、ペーパーは流さずゴミ箱へ! いざ!一輪車〜!!!(リアカーの一輪車) バランスが難し〜。子供の頃、おばあちゃんとこれで畑に行ったなぁ。 乗る方が楽しかったけど、、、懐かしい。 都会っ子はほとんど一輪車とは触れ合ったことないようです。 そ、そうなんだ∑(; ̄□ ̄A  湖、とっても綺麗です。遠くにテントが見えるのわかりますか?? あそこまで一輪車で運ばなくてはいけません。 これは、たしかにハードル高いかも。   功を奏したと思うのが初めてのキャンプだということ。 荷物が少ない方だから!   さて、テントが張れる場所まで来ました。   すでにいい場所はベテランに攻め込まれております。   ちょっと開けた平地のような場所と、 林の中に設営することも可能です。   林や、平地の奥の方は既にテントが張られていたので、私たちは一番目立つ平地のど真ん中へ。 たしか15時前くらいに到着したのですが、やっぱりもう少し早く到着しないとダメですね。   タープはレンタル業者にウェブであらかじめレンタルして四尾連湖へ送ってもらいました。帰りもここから発送してもらえます。 まだ今後キャンプをやるかわからなかったのでレンタルにしました。   しかし、タープを張るのも初めてで、めちゃくちゃ時間がかかりました。 というのも、タープの張り方はネットで検索しながらやろうよ!と思っていたのです が、、、 あぁつ!!!!!!Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン   で、電波がない! au、ソフトバンクの電波が壊滅。 ドコモがかろうじて入るって感じ。動画は見られません。   頼みの綱のネットでの検索も出来ず、   隣の人にタープの紐の結び方を聞きに行ったりして、、、 そしたらその人もよくわかってない人だったりして、、、ww   めちゃくちゃ時間がかかって、四尾連湖の散策もできず。   なんとか張り終えました。   初めてのキャンプですが、イスだけは肝心だろうと、みんなイスだけはしっかり購入しましたwww 暗くなってきました。 なので、おそるおそる焚き火も始めました。 直火NGです。直火オッケーなのは広場の元々設置されているところだけです。   コールマンの焚き火台もレンタルして使いましたが、 広場にあった焚き火のところも使わせてもらいました。空いててラッキー!   火をつける時も松ぼっくりで着くかな?とか試しましたけど、失敗ww 誰かが着火剤を持ってきていて助かりました〜 やっと少し火がついたころには、真っ暗〜! 薪は1束500円〜です。 途中、なくなって買いに行きました。 食材などはないので前もって買っていきましょう。   満月で、湖に映る月が光の道を作っていました。 寒かったです。 ランタンですが、小さいのが3つだけあって、焚き火が消えたら真っ暗。 この小さいのはテントの中しか生きない!大きいのがいるなぁとしみじみ。   息も白く、霜も降りるくらい寒い夜。   シュラフ買って持ってきてよかったです。   朝、、 男性のいびきがこのキャンプ場に響き渡っておりました。   すごい、いろんなテントからイビキが聞こえる(」゚ロ゚)」 さらには携帯のアラームがなっているテントもありましたが、起きる気配がありません。 男性って眠りが深いんですね。 朝、お味噌汁を作って温まって、 その後、ホットサンドを作りました。   朝、気持ちのいいレイクサイド トイレが近くにあったので人の往来があったり、 風によって臭いが運ばれたりしました。 男性のトイレは壁にするタイプだったみたいです。   臭いし外にあるいわゆるぼっとん便所なので、苦手な人もいるかもしれません。私は平気でした。電気はついてます。一度、床にう●こが落ちていて、ずっとあるの嫌だなと、しぶしぶトイレを掃除する棒で落としましたよ、、、   四尾連湖自体はライトとかないので、ヘッドライトがあったほうが歩きやすいです。   ★初心者に厳しいと思われる点★ ・トイレ(ぼっとん)。受付は水洗トイレだけど遠い ・一輪車で何百メートルか荷物を運搬(ボート可) ・電波がない   ★値段まとめ★ 駐車場 1日400円 大人一泊 1,500円 休日前2,000円 直火 NG (一部直火オッケーの場所あり)   水明荘のお泊まりのプランもあります。 そちらはお風呂などもあります。     道具とかもっと揃えたいなぁと思ったキャンプでした。   今回のカメラはFUJIFILMのx-pro2で撮影しました。     ★四尾連湖に2度目のキャンプ!!!!★  1度目を踏まえ、しっかりキャンプしました〜   ★四尾連湖水明荘キャンプ場で、どんなサイトがあるのか不安な方にサイトの詳細のレポートもしております★   ★四尾連湖の動画も作成してみました。こちらは四尾連湖周回散策の様子です★ www.emicamp.com   ランキングに参加しております!もしよろしかったらクリックお願いします。 にほんブログ村