【キャンプ場レポ】②小田急山中湖フォレストコテージ 湖畔サイト

profile img

emi(えみ)

contents section

Follow
フォローする

小田急 山中湖フォレストコテージのサイトレポになります。
f:id:camera-yurucamp:20200107104836j:image

2019年12月の年末にキャンプに行こう、と10月くらいにキャンプ場を探し予約をしました。

予約の条件として

  • 電源サイトがある(このときフジカハイペットの納期が1月になるかもしれなかったので)
  • 富士山がみたい
  • 東京から遠くない(片道2時間くらいまで)
  • オートキャンプ場

そんな感じでキャンプ場を探しました。

 

ほったらかしキャンプ場など人気の場所はすでに埋まっていたので、最後まで候補に残ったのは「朝霧ジャンボリー」でした。

10月の時点で12月の土日の電源サイトは1つか2つくらいしか空いていないと電話で確認。いきたい日付の空き状況はキャンピングカーが止まるような大きな電源サイトが空いていると言われました。

www.emicamp.com

 前回、「朝霧ジャンボリー」へ行ったときも電話予約では混んでる感じでしたが、行ってみたら空きもチラホラあったので、大丈夫かな〜と思いましたが念のため仮予約しておきました。

 

そんな中、行ってみたことのないキャンプ場もいいのではないかと探し、条件にあっていたキャンプ場が

小田急山中湖フォレストコテージ

富士山が真正面ではありませんが、山中湖越しに富士山が望めるとのこと。

 

人気は湖畔サイトのA-1

 

それで予約開始と同時にWEBで予約したらあっさり予約が取れました。

真冬だしそんなに急ぐ感じじゃなかったのかもしれません。

(ほったらかしキャンプ場の争奪戦を知っていたのでつい)

 朝霧ジャンボリーさんへは電話をし、キャンセルしました。

 

 

山中湖フォレストパークのMAPです。
f:id:camera-yurucamp:20200107110106j:image

湖畔サイトのA-1を予約しました。MAPでいうと一番下の方の薄紫色?の部分です。

f:id:camera-yurucamp:20200107192517j:plain

湖畔Aサイトの1

f:id:camera-yurucamp:20200107102141j:plain

電源コンセントは2つ挿せるようになっています。

 

ここのサイトはハンモックサイト!鉄の棒にハンモックをかけて使うことができます。
f:id:camera-yurucamp:20200107105150j:image

 

ちなみにハンモックは自分のものを使ってもいいですが、無料でレンタルもできます。

なんでも料金をとるイメージの(すみません)キャンプ場なのに、無料!?

高いお金払ってる理由があった〜!とか思ったのも束の間

「ハンモックは無料貸し出しですが、返却時に濡れていた場合、乾燥代金として1000円いただいております」とのことΣ(๑°ㅁ°๑)!

 

寒いし、冬は大体、霜が降りて濡れると思ったのでレンタルしませんでした。

キャンプ場レポの①で高規格料金なのに不満に思ったことを書いているのでよかったら参考に。

 

f:id:camera-yurucamp:20200107105231j:plain

それにしても富士山を眺められる絶景ポイントにハンモック用の鉄の棒がドドーンときているのは、どうなんだろう(;;)

ハンモックに乗った場合は、横目で富士山を眺められる感じになるのかな。

 

f:id:camera-yurucamp:20200107111844j:plain

ハンモックのための鉄の棒は使わなければただその場にある棒w

ただ、テントを掛けて乾かしたりできるのでちょっとは便利そうです。

 

A1のサイトは縦長です。
f:id:camera-yurucamp:20200107105215j:image

結構、広いです! 

f:id:camera-yurucamp:20200107134942j:image

イラストで表すと台形です。一番長い下の部分が12〜13mくらい。

サイトの幅は5mくらいかと思います。

テントをどの向きで張るか悩みました。

今回はカーカムスのクラシックジャックの初張りです。 設営の詳細はこちらに記載していますので、よかったらごらんください(﹡ˆᴗˆ﹡)

 

結局、富士山に入り口を向けるのではなく、湖側にしてみました。
f:id:camera-yurucamp:20200107105304j:image

富士山側にすると、目の前が鉄の棒になるから、というのと、結局のところ枯れ木などの茂みが目の高さくらいまできているので、座ると富士山がよく見えないのです。

 

f:id:camera-yurucamp:20200107111736j:plain

湖側の景色はこのように開けていて綺麗です!

 

f:id:camera-yurucamp:20191230191358j:plain

後ろから見るとこんな感じです。山中湖へは↑写真の脇の道からと、

f:id:camera-yurucamp:20200108134828j:image

車を止めていた方のA1とA2サイトの間の道からも降りられるようになっています。

 

降りたら、

旦那が白鳥に絡まれてたw

f:id:camera-yurucamp:20200107112127j:plain

むむ、これは、コブハクチョウじゃないのか?

ぐいぐい寄ってきて、手を出すとパクパクされます。友達はパクパクされてました。最初は痛いとかいっていたけれど、甘噛みだっていってました。

気をつけてください。

 

湖からみた富士山です。

f:id:camera-yurucamp:20200107112915j:plain

すぐ横の桟橋は漁をするための舟など止まっているようです。

サイトに戻ります。

f:id:camera-yurucamp:20200107113459j:plain

寒いので、サイトには霜柱があったり、それが溶けてドロドロになったりしていました。

溶けなければいいんですが、昼過ぎに溶けてきてドロドロになってしまいます。

f:id:camera-yurucamp:20200107113603j:plain

なので、枯れ葉をかき集めて、ドロドロをカバーしました。

枯れ葉にかなり助けられました。

 

f:id:camera-yurucamp:20200107152558j:plain

電源はこんな感じ。10mの延長ケーブルを持っていきました。

f:id:camera-yurucamp:20200107113739j:plain

A1サイトには備え付けられたかのような丸太があって、大活躍w

忘れ物か、捨てられたのかもしれません。

丸太欲しくなりました。重いけれど、かわいい。

 

他のサイトを紹介

f:id:camera-yurucamp:20200107192517j:plain

 

「オートキャンプ 湖畔B -10」

f:id:camera-yurucamp:20200108135958j:plain

地面凍ってます〜。
f:id:camera-yurucamp:20200108134300j:image

横長で広々としているのですが、真ん中あたりに木が生えています。

これを生かして設営できるのか、車はどこに停めるのかなど課題となりそうです。

 

「オートキャンプ 湖畔B -11」
f:id:camera-yurucamp:20200108134447j:image
横に広く、途中、木などなく使いやすそうです。

10、11、12サイトともに、目の前に湖畔Aサイトがある状態になります。

 

「オートキャンプ 湖畔B -13」
f:id:camera-yurucamp:20200108134519j:image

13はかなり湖に近い状態です。

↓A1から13をみるとこのようになっています。湖畔Aは少し高い場所にあるので見晴らしがいいです。
f:id:camera-yurucamp:20200108134757j:image

13も景色がひらけていいですね!ただ、富士山は木や茂みによって見えないかもしれません。

13〜16の前にある道は湖を観にくる人が通ったりします。

f:id:camera-yurucamp:20200107192517j:plain

「KC」と書かれているのはコテージです。高い場所にコテージがあって、BBQを楽しむ姿も観られました。

サイトの詳細はこんな感じです。

キャンプ場と冬キャンプ

ここからは、キャンプ場のことと、キャンプのことを書いていきたいと思います。

f:id:camera-yurucamp:20200105134356j:plain

お水は場内の炊事場が使えません。f:id:camera-yurucamp:20200108134854j:image

 

冬季期間(12月~3月)のオートキャンプサイトの炊事場は、凍結の為ご利用いただけません。

冬季は場内の炊事場使用禁止

f:id:camera-yurucamp:20200107114439j:image

この道を歩き受付まで水を汲みにいきます。413号の道は山中湖をぐるっと一周する唯一の道なので、時期によってはかなりの交通量になりますし、

慣れた車だとスピードを出していることもあるので気をつけなくちゃいけません。

f:id:camera-yurucamp:20200107105329j:image

9時〜19時の間に水を汲みにいくことを忘れないように(*´ロ`*)

ホームページには18時までとなっていましたが、受付で19時までと言われました。

お風呂が18時まで受付で出る時間は18:30分までです。

 

しかし、冬季はこの施設にみんな水を汲みにくるのに、水道はたった1つ!

お湯が出ることが、プラスポイントくらいです。

洗い物などしていた場合は、並ぶしかありません。

なので、ペーパーで拭けるものは拭き洗いって感じで洗い物を出さないようにしていました。(家に帰ったら洗います〜)

 

薪は800円

焚き火ですが、フジカハイペットが思ったよりも暖かく、カーカムスのテントの中でおこもりキャンプにしようということになり、買うのはやめました。 

灯油だと5リットルで450円くらいでしたから、安上がり!

湖畔サイトのトイレ

トイレはクラブハウスのトイレも使え、場内にある木のオブジェ風トイレも使えます。

f:id:camera-yurucamp:20200105134409j:plain

トイレ内は清潔にされていました。

f:id:camera-yurucamp:20200105134424j:plain

 

フジカハイペット

届かないと思っていたのに嬉しいことに12月中旬過ぎに届きました!

f:id:camera-yurucamp:20200107150540j:plain

初めてのフジカのハイペット。楽しみです。とても軽くて、運びやすい!

灯油は3.6リットル入ります。

 

点灯です。

f:id:camera-yurucamp:20200107115638j:plain

ストーブを使うこと事態、何年ぶりなんだろう。
じんわりと空気を温めてくれています。

f:id:camera-yurucamp:20200107145205j:plain

天板はさっそくいい感じの色に。

 

f:id:camera-yurucamp:20200107150729j:plain

カーカムスのテントの窓から景色を楽しみます。

 

f:id:camera-yurucamp:20200107152955j:plain

マットなど引いてないときにカーカムスの床に水をこぼしましたが、はじいていました。グランドタープも引いてるけど、これなら地面からの水は染み込まなそうです。

 

f:id:camera-yurucamp:20200107151105j:plain

テントの中で乾杯〜〜。

 

f:id:camera-yurucamp:20200107151155j:plain

お友達がローストビーフとローストポークを作ってくれました。

 

どんどん日が暮れる・・・

美しい景色の中、キャンプができる幸せ。

f:id:camera-yurucamp:20200107151323j:plain

すっきりとした富士山の輪郭。

 

f:id:camera-yurucamp:20200107151845j:plain

お店のよりおいしいと思ったローストビーフ!

f:id:camera-yurucamp:20200107152001j:plain

ローストポークもめちゃくちゃ美味しくて、毎日食べたいと思ったくらい。

 

f:id:camera-yurucamp:20200107152015j:plain

プデチゲで暖まりました。

f:id:camera-yurucamp:20200107152908j:image

18時半頃。
f:id:camera-yurucamp:20200107114518j:image
外は1℃、テントの中は18.5℃。

 

f:id:camera-yurucamp:20200107153800j:plain

雨はふりませんが、過保護張りしました。テンマクのtcヘキサタープしかなくて、とりあえずって感じですが、過保護にして本当によかったと、朝起きたとき思いました。

 

f:id:camera-yurucamp:20200107152940j:plain

20時半頃、マイナス1.3℃、テント内は15.2℃。

 

f:id:camera-yurucamp:20200107154201j:plain

ストーブのおかげで、お湯がいつもあるって便利ですね。

 

迷惑な夜の怖い2つの出来事

f:id:camera-yurucamp:20200107154347j:image

山中湖フォレストコテージの注意事項に21時以降は静かにお過ごしくださいとなっているので、21時をすぎてから、歯を磨いたり寝る準備をはじめました。

 

男性たちは22時には就寝。

私は、バルブ撮影のため、外で星空と格闘していました。

 

22時半すぎに、寝る準備をはじめました。シュラフに入って目を閉じたら、、、

23時前に、突然の騒がしい声。

湖への道にたくさんの人の声が。一番うるさいのは子供たちのはしゃぐ声です。

「きゃ〜〜!ははは」とかなりのはしゃぎかた。

母親らしき声もしたので気づいて注意するかなと思ったので、気づくのを待ちました。しかし大人たちの話し声もうるさくなってきました。

その湖畔への道は湖畔Bサイトの隣で、そちらの人たちはもっとうるさいはずです。

13には人はいなかったけれど、14、15には宿泊客がいました。目の前の通りです。
f:id:camera-yurucamp:20200107192517j:image

楽しんでるところ申し訳ないけ仕方なく注意してしまいました。

注意したら、母親らしき方が「はっ!」となって子供達にも言い聞かせてくれました。

いい人たちでよかった。

 

その後、すぐに自分たちのサイトに戻っていきました。

 

それから、少しのことです、、、

めちゃくちゃ怖いことが置きました。

 

なかなか寝付けなくて、シュラフの中でじっとしていました。

23時半頃だと思うのですが、足音が近づいてきました。

他のサイトの人のトイレへの足音かな?と思ったのですが、複数の足音がどんどん近づいてきます。

あまりにも近いのでシュラフから出て、

カーカムスの換気のため開けていた三角窓からこっそり覗いてみると・・・

( ⊙⊙)!!

私たちのサイトの中に人が入ってきている〜〜!!!

 

しかも4人くらい!

怖くて声が出なくて、「えええ」となっていたら、

そのままその人たちは、サイトの中を歩いて、停車していた車と茂みの間を通って消えていきました。

 

そこに旦那がトイレに目を冷ましたので事情を説明。

外に出て、サイトを確認。特に取られるものも出していなかったからなんの問題もなかったけど、

怖かった(;;)

湖の方から声が聞こえてライトも見えたから、

たぶん、どこから湖に降りられるのか分からなくて、迷い込んだのだと思います。

 

それにしても遅い時間帯に人のサイトに入り込むのは非常識じゃないかしら、と思いました。

 

キャンプをしたことがない、コテージの人かな〜?

 

私も初めて区画サイトを利用したときに、トイレへいくのにみんなが使っていた道を使っていたのですが、

あとで考えてみると、あれは人の区画サイトすれすれを通っていたんじゃないかと反省したことがあります。

キャンプの経験がないと、そういうことわからなくて、入っちゃうんですよね。

 

サイトが長いので、車とテントの間が空いていたから、歩ける場所と勘違いしたのかもです。

もっと車を真ん中に停めるとかすればよかったかな。

f:id:camera-yurucamp:20200107105215j:plain

区画サイトでテントの横に知らない人がいるのは、怖いですね〜 ^^;

 

最終章、キャンプレポ③で「小田急山中湖フォレストコテージまとめ」をアップしたいと思います〜。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

 

\ 気になったらシェア /
Follow
フォローする

related post

関連記事

  • 久々のキャンプで改めて想うキャンプのこと

    不要不急の外出を控えるようお願いが出てから、 やっと県などを跨いでの移動ができるようまでになった。   東京都民からすると、感染者が出ていない岩手県がすごすぎる。   キャンプはソーシャルディスタンス取れているし、 行っても問題ないんじゃないかとか議論がまきおこるなか、 東京から山梨に規制してバーベキューとかしてコロナの感染を拡大させた女性がたたかれて、明日は我が身ではないかと思うと とてもじゃ

  • 【キャンプ場レポ】道志村、山伏オートキャンプ場「場内とA

    山伏オートキャンプ場の春の営業が始まってすぐに行った大好きなキャンプです。 初めて訪れたのは去年の6月。前回のサイトは26で、とっても良い場所でした。 前回もサイトの詳細を書いているので、山伏オートキャンプ場が気になる方は参考にどうぞ。 山伏オートキャンプ場の場内詳細を動画でも上げているので詳しくは動画も是非。 www.youtube.com この時、人がたくさんいて奥のサイトA~Iをあまり紹

  • 【山梨県本栖湖】SUMIKA CAMP FIELD(スミ

    どんどん前に行ったキャンプ場のブログの更新が遅れて季節が変わってきてしまう〜 ブログあるあるですかね。 今回ブログにするのは山梨県の本栖湖のすぐ横にある「SUMIKA CAMP FIELD(スミカキャンプフィールド)」というキャンプ場です。 桜がまだ咲いている時期に行ってきました。 こちら、夏は大人気のキャンプ場のようなのですが、それにしても情報があまりありませんでした(^^; まず公式ホームペ

  • ぐたぐたになった初キャン「四尾連湖水明荘キャンプ場」

     2018年3月の終わり、初めてのキャンプに行きました。 手探りキャンプだし、道具も揃っていないキャンプでした(´・ω・`)   初めて行ったキャンプ場は四尾連湖キャンプ場でした。 「しびれこ」と読みます!   こちらが四尾連湖の水明荘さんの写真です。 水明荘のバンガローにも宿泊できるし、レイクサイドにテントを張って泊まることもできるキャンプ場です。 キャンプ場の方を予約しました。   が、 キャ

  • 【キャンプ場レポ】ほったらかしキャンプ場の区画サイト1と

    こんにちは!emiです。 3回目のほったらかしキャンプ場へ行ってきました。 これからほったらかしキャンプ場の予約をする人にむけて、 サイトの詳細を書きたいと思います。 このブログを読んでくださっている方もすでに「ほったらかしキャンプ場」にいってらっしゃる方がいるかと思いますが、 ほったらかしキャンプ場の進化が止まりません。 前回2020年の2月に行ったのですが、10ヶ月たって行ったら変わっていま

  • ②【キャンプレポ】道志村のネイチャーランドオムで雨の中キ

    雨降りなのはわかってた 土曜日は雨、日曜は晴れ予報 搬入は雨、撤収は晴れとなるに違いない そんな感じでキャンプ場へ向かいました。 初めて行くキャンプ場です。 性格的に、どんな場所かよく検索してから行くタイプ。 思ってたところと違ったとしても、「そんなことも楽しいよね」と割り切る♪ようにしてる、、! (マナーが悪い人がいたらとってもがっかりするけど)  ネイチャーランドオムのキャンプ場の

  • 【山梨県】★サイト詳細★四尾連湖水明荘キャンプ場 

    四尾連湖のサイトを歩いた範囲ですがレポします! (*・ω・)ノ 四尾連湖水明荘からキャンプサイトまでは矢印のように右上の方向で行く事になります。 左側で行く事もできますが、龍雲荘のキャンプ場のエリアを通る事になるため、キャンプの運搬は右方向へのみ。散策は左回りでも大丈夫です。 グーグルマップの切り取りで説明するとこんな矢印で歩いていきます。 赤の丸と黄色い丸のところにテントを張れるスペースがあり

  • 【キャンプ場レポ】奥道志オートキャンプ場の動画を作りまし

    奥道志オートキャンプ場の動画を作りました。  サイトの紹介がメインとなっていますので、これから行ってみたいと思っている方の参考になったら嬉しいです。 全部は紹介しきれていないので、すみません。   キャンプ場全体は小さいですが、とってもいいキャンプ場でした。 サイトの大きさなど気になる方が多いと思うので、その辺りもまとめてみました。 4K【キャンプ場レポ】避暑地!奥道志オートキャンプ場でギギ2初

  • 山梨県△キャンプ場レポ△山伏オートキャンプ場【後半】

    山伏オートキャンプ場の後半ブログです。 魅力的な川と森林が楽しめるキャンプ場、紹介していきたいと思います!    【前半はこちらです↓】     山伏オートキャンプ場の注意点 夜の冷え込み  標高1000m近いので、夜の冷え込みに注意です。 キャンプ場へ降り立ったとき、涼しい~、 と思いました。 到着したくらいは20℃くらい。 夕方になると15℃。 そこからあまり気温は下がらず、 朝も15℃

「【キャンプ場レポ】②小田急山中湖フォレストコテージ 湖畔サイト」への1件の返信

atsuyareo0530さん、そうなんです、カーカムスかわいいんです〜。レトロで、一見こじんまりしていますが、中は広々ですよ〜〜
misojicampさん、怖かったです・・・そういうこともあるんだなってびっくりしました。フリーサイトならまだあるかもしれませんが、区画サイトだと恐怖がいっそう増します。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です