テントの修理金額が補償されて嬉しい、LINEの「キャンプ安心保険」

profile img

emi(えみ)

contents section

Follow
フォローする

保険って入っても結局何も起きなかったなんて事もあるし、

本当に必要なの??と思われる方もいるかもしれません。

f:id:camera-yurucamp:20201211092617j:plain

私は、実際に強風でテントが破壊された時、役に立ったので、

保険が適用されるには何が必要なのか、どういった資料を取っておくべきなのかなど書きたいと思います。

安全、安心のため、入ってみるというのもいいんじゃないでしょうか。

(保険の回し者ではありません〜)

 

キャンプ安心保険

LINEの「キャンプ安心保険」って聞いた事ありますか?

LINEの保険

キャンプを始めてから、こんな保険あるんだ〜?

と、毎回ではないのですが、お試しで入ってみたことが何回かありました。

 

まさか、実際に使う日が来るなんて(^^;

 

こちらの保険、損保ジャパンが提供している保険になります。

保険の種類と金額

キャンプの保険は、

  • キャンプ安心保険 300円〜
  • キャンプ安心保険+ 500円〜

2種類あります!

1日の金額かと思っていたら、そうじゃないみたい。

自分で利用する日付を選ぶと、金額が表示されるので、金額を見てから加入するか選べるようになっています。

↓たとえば〜
f:id:camera-yurucamp:20201214221559j:image

12月19日〜20日を選ぶと300円。

試しに19日〜21日にしてみたところ343円と表示されました。

1日の金額じゃなかった(*´ロ`*)安いです!!!

保険者を増やす場合は金額も人数分増えることになります。

設定画面で名前を入力できるので 家族の人数分保険に入ることができます。

300円と500円の違い

★補償内容★

死亡、後遺障害保険金  160万円 / 257万円

入院保険金日学     2,000円 / 4,000円

賠償責任           1億 / 1億

携行品損害        5万円 / 10万円

救援車費用等補償    200万円 / 300万円

 

補償金額がこのように変わってきます。 

キャンプをする人間としては、携行品損害が気になるところですよね〜

携行品損害 

携行品損害のことを調べていたら、

キャンプ中などに壊れた道具や、盗まれた道具にも適用されますが、

キャンプに行っている最中に、自宅で盗難などがあった場合も適用されるらしい。

 

ただ全額ではありません。

損害額から免責金額(一回の事故につき3,000円)を引いた金額が補償されます。

 

実際に適用された内容

 先日、テントを設営をしていた際、突風が吹きテントが壊れてしまいました。

ポールが折れ曲がり、使い物にならない状態に。

まずは連絡をとる

LINE保険に記載されている連絡先に電話をしました。

LINE保険で加入した内容を口頭で伝えると、これからのやりとりはLINEのチャットルームでもできるようになるという旨を案内され、チャットルームでの連絡をお願いするとすぐにLINEに通知がきて、期間限定のチャットルームが開きました。

担当者がいる時間帯であれば、このチャットルームで質問をすると比較的すぐに返信がきてとても便利でした。 

必要な物

  • 実際に被害にあった物の写真
  • 修理にいくらかかるのかという見積もり
  • 旅行(キャンプ)へ行っていたということがわかる証明書
  • 振り込みをする口座番号や被害にあった状況の書類の返送

実際に被害にあった物の写真

壊れたテントの画像などの提出が必要となりますが、さすがLINE保険、画像などはLINE画面で画像提出でOKです!

開いてくれたチャットルームで、直接、画像を送ればOKです。これはとても便利です。

修理にいくらかかるのかという見積もり

これは修理を依頼するお店に(私の場合ogawa)見積もりを出してもらう必要があります。

見積もり書もチャットルームに、画像として送ることが可能です。 

旅行(キャンプ)へ行っていたという証拠が必要

私は、予約したキャンプ場のメール画面、カーシェアで予約した画面を提出しました。あと、念のため当日にキャンプ場でもらえる車の窓に置いておく受付の紙も写真を撮って送りました。

高速道路の利用記録などでも大丈夫だと思います。 

振り込みをする口座番号や被害にあった状況の書類の返送

LINEに連絡を取ったあとすぐに郵送で書類が送られてきます。

そこに振り込みをする口座名、口座番号や、テントの購入額や購入した店舗の名前を書き、どういったトラブルがあったのか書く必要があります。

「何月何日、何時頃に突風によりテントが壊れてしまった」といった感じに書きました。

 

落とし穴!他にも請求できるものがある

トラブルによって出費した交通費やホテル代なども補償されるらしいのです。

つまり、私の場合だとキャンプ場でレンタルテントをした金額 5500円も提出してもよかったということになります。

強風で飛ばされた、道具の袋なども請求できたかもしれません、、、。

レンタルテントの領収書なども取っておいたら保証されると思うので、みなさんも参考にしてください。

あとは、何らかのトラブルでテントに宿泊できなくなり、コテージに宿泊することになった、なども保証されるかもしれないので、その辺りも要チェックです!

 

故意に起こした事故などはもちろん保証されませんし、わざとはいけません。

 

手続きが終われば1週間〜2週間くらいで振込される 

全ての書類や画像などを保険会社が確認すると、電話がかかってきます。

いつ頃に振り込まれると思うというお話をされ、チャットルームが閉鎖されます。

最後はハガキが送られてきて、口座に降り込んだことが書いてありました。

 

見積書の金額から、免責金額3,000円が引かれた金額が振り込まれました〜(﹡ˆᴗˆ﹡)

 

入ってみるもんですね。

 

 

キャンプの保険以外にもありますよ↓

合宿安心保険 合宿安心保険+

梅雨のときの外出安心保険(旧:梅雨のときの安心保険)

台風のときの外出安心保険(旧:台風のときの安心保険)

大雪のときの外出安心保険(旧:大雪のときの安心保険)

みんなでワイワイ飲み会保険

あけましておめでとう新年会保険

新たな旅立ち送別会保険

今年もお疲れ忘年会保険

紅葉保険 お花見安心保険

本格登山安心保険 本格登山安心保険+

キャンプ安心保険 キャンプ安心保険+

海水浴・プール安心保険

花火大会・夏祭り安心保険

みんなでワイワイBBQ安心保険

スキー・スノボ安心保険

つり人安心保険 野外フェス安心保険

フェス・ライブ安心保険

ボランティア安心保険

運動会安心保険

自転車ツーリング安心保険 自転車ツーリング安心保険+

国内の旅安心保険 国内の旅安心保険+

ビワイチする人この指とまれ保険

 

実際にテントが壊れてしまってとても悲しかったのですが、修理費の負担が軽くなると思うと本当に入っておいてよかったなって思いました。

自然相手のキャンプですから、何があるかわかりません。

強風というのは、何度かキャンプをやっていると経験したことのある人、多いんじゃないでしょうか。

それに、刃物や、火など、一歩間違えれば大怪我に繋がるものも身近にありますし、不安がある方は、試しに入ってみるのもいいかもしれないですね♪

 

LINE保険以外にも、1日から入れる保険って他にもあるみたいなので、気になる方は調べて見て下さい。

(モンベルとか楽天とか)

LINEはチャットルームが便利でした。

 

という、お話〜。ちゃんちゃん♪♪

 

みなさん、なるべく大きなお怪我のないよう、キャンプ楽しんでくださいね。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

\ 気になったらシェア /
Follow
フォローする

「テントの修理金額が補償されて嬉しい、LINEの「キャンプ安心保険」」への1件の返信

コメントありがとうございます〜!
当日になって、「今日、風強そう、、」と思って、その日に入るのもOKなので、安心のために試してみるのもありですよね。
何もなかったらなかったでいいですもんね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です