Emi CAMP(カメラとゆるくキャンプの日々)

写真が好き、キャンプも好き。サーカスTCとカーカムスクラシックジャック100

CAMP

ゆるくキャプするemiさんのblogです

すごいっ!これはダッチオーブンなの?キャンプオンパレードのダッチオーブン。

キャンプオンパレードさんのダッチオーブンのスクエアを購入したので

今回はそのレポートになります。まだオンラインでは発売前になります。

2019年11月下旬。もうすぐオンラインでも発売されるようですが、初回生産量が少ないらしく、最初はインスタなどSNSで購入できる案内がありました。

★12月になってオンラインでの取り扱いはじまってます

f:id:camera-yurucamp:20191129100147j:plain

 

キャンプを始めると欲しくなってくるダッチオーブン・・・

でもデメリットばかり考えて買うまでには至りませんでした。

 

私が思う、ダッチオーブンのデメリットとは

  1. 重い
  2. かさばる
  3. 洗うの大変そう
  4. 家では使えない(家にはストウブの鍋がある)

まずこの3つです。

そして、毎回ダッチオーブンならではの手の込んだ料理ってするのかな?という気持ちもあって、SNSダッチオーブン料理に憧れながらも、うちは必要ないかなという感じでした。

 

今までのキャンプの中でダッチオーブンを経験したことがないわけじゃありません。

f:id:camera-yurucamp:20181031221313j:plain

以前、友達がダッチオーブンを買ったこともあり(*・ω・)ノ

憧れのダッチオーブン料理はキャンプで経験することができました。

f:id:camera-yurucamp:20181102091047j:plain

大きな鍋に具材などほおりこんで、そのまま待つだけってが、かなり魅力的。

ずぼら、、だからwほっておいておいしくなるなんて最高!

ビーフシチューはほっておいたら、ちょっと焦げちゃってましたけど。

 

いいないいなと思いつつも、

やっぱり、重い、かさばる、洗うの大変、家じゃ使わない、という気持ちがあるため、うちでは購入はしないだろうと思っていました。

うちはイカーがないんじゃっ(≧ヘ≦ )涙

 

でもキャンプの沼は私を呼んでいる。

(*・ω・)ノ「小さいダッチオーブンがあるよ〜。家でもきっと使えるよ!」

(゚∀゚*)「小さい、ダッチオーブンかあ、いいよね

 

コロッと気持ちが切り替わり調べていたのがスノーピークのコロダッチシリーズのダッチオーブン

コロダッチオーバル 2.6kg

コロダッチポット 1.4kg

コロダッチカプセル 1.9kg

 形的にもコロダッチカプセルかわいいなー。

私に重くのしかかるのは1kg越えの重さ。カプセル小さくていいのに、1.9kgか。

家でも使うなら、コロダッチオーバルかな。

 

そんな時インスタでチェックしていたら、キャンプオンパレードさんがダッチオーブンを出すということがわかりました。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

大きさのイメージが伝わりますか? ユニコーンケトル(2リットル)、ミニディッパー、ビックディッパーと並べてみました。 ラウンドは直径22cm、高さ11.5cmです。持ち手部分の最大直径が27cm。重量は1.2kg。 ご飯ならば最大で4合まで炊けます。 9000円 スクエアは、横幅26cm(持ち手を含めると28cm)、奥行き12cm、高さ7cm。重量は925g。 8500円 軽いですね。 陶磁器の良いところ。 1、シーズニングがいらない。 2、洗いやすい。メンテナンスがいらない。 3、軽い ウィルセラム(この素材)の凄いところ 1、直火にかけても割れない 2、上に炭を載せることも出来る 3、遠赤外線効果が強く、美味しく作れる 4、冷蔵庫から出してすぐに火にかけても割れない キャンプオンパレードの独自の型の工夫をしたところ 1、大きすぎないも小さすぎない 2、上蓋だけで調理に使える 3、蓋の密閉性を高めたので無水料理が出来る ただ、陶磁器なので、落としたりには気をつけてくださいね。 IH対応はしていません。 是非、お問い合わせください。 #キャンプオンパレード #camponparade #キャンプ #camping #camp

CAMP on PARADE(@camponparade)がシェアした投稿 -

スクエアは8500円 
ラウンド(22cm)は9000円(税別)

 

こんなふうな説明書きもあります↓

正確にはダッチオーブンじゃないかも。鉄やステンレス製ではないですから。
でも、直火にかけれるし、上に炭を置くことも出来る。薪ストーブに入れることも出来る。
蓄熱性能は、凄く高いし、無水料理も出来る。
だけど、シーズニングは必要ないし、メンテナンスも、ごしごし洗うだけでいい。そして軽い!

ガンっと落とすのは避けよう。

 

なんだか良さそう!

家でもつかえそうだしとすぐさま連絡すると、2日後には届きました(∩˃o˂∩)♡

 

キャンパレダッチと勝手に呼んでいましたが、名前が「アナスタシス」に決まったらしいです。名前が覚えられなくて、しばらくキャンパレダッチって呼びそうです。

ラウンドとスクエアとあるので気になる方はキャンプオンパレードさんのインスタを見てください。

https://www.instagram.com/p/B5ZhODGAM96/

横幅26cm(持ち手を含めると28cm)、奥行き12cm、高さ7cm。重量は925g。


スノーピークのコロダッチカプセルと同じような形です。大きさを比べてみると

横幅28.2cm、奥行き9cm、高さ、6.8cm。重さ1.9kg

 

f:id:camera-yurucamp:20191129104506j:plain

 

キャンパレのダッチオーブンの方が、少しずつ大きくなっていて、重さは軽いです。

f:id:camera-yurucamp:20191129104249j:plain

スノピのコロダッチカプセルと同様、蓋も調理に使えるようになっています。

不安な点は陶磁器なので、落としたら割れてしまうということ。

家のお皿も普段落としたりしないので大丈夫かと思いますが、キャンプ場だとどうかわかりませんから、ちょっと不安ではあります。

 

f:id:camera-yurucamp:20191129105325j:plain

蓋が軽いため、しっかり密封されている感じはしないような。重いもの、キャンプ場なら石とか置くといいかもしれませんね。

 

シーズニングなしで、突然使えます。

形もかわいくて、家庭料理でも使えること間違いなしです。

f:id:camera-yurucamp:20191129100140j:image

レシピとか公開できたらいいなと思っています。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村