Emi CAMP(カメラとゆるくキャンプの日々)

写真が好き、キャンプも好き。サーカスTCとカーカムスクラシックジャック100

CAMP

ゆるくキャプするemiさんのblogです

ユニフレーム キャンプケトル

今回はユニフレームのキャンプケトルの紹介です。

 

f:id:camera-yurucamp:20181126102604j:plain

ケトルを購入する際に、いろいろと口コミを調べました。

私がたどり着いた口コミではユニフレームの評価が平均的に高かったのです。

 

なぜキャンプケトルの中でもユニフレームが圧倒的人気なのか、、!

 

気になりますっ!

f:id:camera-yurucamp:20181126103856j:plain

(今更、旦那が氷菓を見始めました、、、)

 

ジャンボもあります

 

うちが購入したのは1.6Lの小さい方のケトルです。

f:id:camera-yurucamp:20181126102610j:plain

2〜3人用って感じです。

なのでファミリーにはジャンボが人気のようです。

なるべくコンパクトにいきたい私たちには1.6lでちょうどいい、、!

 

f:id:camera-yurucamp:20181126102614j:plain

上から見た図。

そそぎ口に蓋が付いていて、焚き火で沸かす場合は灰が入らない工夫がされています。

注ぐ時に水圧でひらくという便利さ!

 

f:id:camera-yurucamp:20181126102625j:plain

大きさです。プレステのコントローラーと比べてみました。

 

f:id:camera-yurucamp:20181126102623j:plain

こちらの蓋にとっきがあり蓋落下のストッパーとなっています。

 

 

どこまで蓋が落ちないのか、、、!水は入っていません。

f:id:camera-yurucamp:20181126102629j:plain

f:id:camera-yurucamp:20181126102635j:plain

f:id:camera-yurucamp:20181126102643j:plain

f:id:camera-yurucamp:20181126102644j:plain

まさかのほとんど逆になっても蓋が少し浮く程度!!

危険なのでもちろん水やお湯が入った状態では試さないようにお願いします。

 

 

重さは570gでした。

f:id:camera-yurucamp:20181126102650j:plain

ホームページにはおよそ600gと記載がありました。

 

どちらにせよ、軽いです。

7900円でした。

スポーツオーソリティのカード会員になって2000円オフで購入しました。

 

ユニフレームの人気の秘密は

  • 軽い
  • 蓋がおちにくい
  • そそぎ口に蓋がついている
  • お値段もまずまず

そんな感じでしょうか?

 

 

 

 

スノーピークのケトルもかわいいです。

でも、高いです、、、、、ね。

 

キャンプで使うのが楽しみです。