Emi CAMP(カメラとゆるくキャンプの日々)

写真が好き、キャンプも好き。サーカスTCとカーカムスクラシックジャック100

CAMP

ゆるくキャプするemiさんのblogです

【テント】シークアウトサイド(Seekoutside)のシマロン(Cimarron)

シークアウトサイドのティピーテント△f:id:camera-yurucamp:20200220170901j:image

seek outside cimarron

シマロン!

友達が使っているものを紹介します。


f:id:camera-yurucamp:20200220170927j:image

世界で一番になった冒険家が愛用しているティピーテント…すてき!


f:id:camera-yurucamp:20200220171107j:image

1.6kgという軽さ!

 

メインポールはカーボンのポールがついていますが、

現地で調達したで代用してもオッケー。
登山などで使う場合は、トレッキングポールでも設置可能のようです。


f:id:camera-yurucamp:20200218122502j:image

すごくペラペラなんですが、耐久性のある素材です。

設営は回りをヘグダウンして、
f:id:camera-yurucamp:20200218122510j:image

立ち上げるだけ。

まぁここまでは、通常のティピーテントと変わらないですよね〜。

耐久性があると言われているけれど、重さがテントのみで1.3kgということもあって、

ペラペラなんです。

大丈夫なの??と思っちゃうほど。

 

お値段も、およそ9万円。

高いですよね( ⊙⊙)!!

 

じゃぁなぜこんなにお値段が高いのに、人気なのか、みていきたいと思います。

「シルナイロン」という材質がすごい!

まず、ここまでペラペラと何度も書いてきましたが、この材質は

シルナイロン」です。

通常のナイロンの7倍の強度があります。

このシルナイロンにはインビスタ社の繊維ファイバーが採用されていて、

軍事用途にも使われているほど強いもの。

地球上で最も軽く、最も強い素材の1つらしいです(﹡ˆᴗˆ﹡)

そして、シリコーンコーティングされています。

しかも両面に染み込ませたものになります。

その特徴は、、、

防水性と生地の引き裂き強度が非常に高くなり、さらに

も、すぐれています。そして、耐久年数は最大10年もあります。

耐水圧4000mm!

f:id:camera-yurucamp:20200218122518j:image

ちなみに、、。

シリコーンコーティング以外にPUコーティングというものがあるのですが、

こちらは耐久年数がすぎてくると、ボロボロとコーティングが剥がれ落ちてきます。

長く使っていなかったアウトドア用品(ザックやマウンテンパーカーなど)、久しぶりに出して、ポロポロ何か取れてきたら、コーティングの可能性が高いです。

フラップ付きストーブジャック

こんなに薄くて軽いのに、

薪ストーブも使える使用になっています。
f:id:camera-yurucamp:20200218122530j:image

 世界中で使うことを想定されているテントなのです。

軽くて小さくたって、諦めたりしない!

ベンチレーション装備

しっかり換気ができるようになっています
f:id:camera-yurucamp:20200218122538j:image

換気穴があるのは大切です!!


f:id:camera-yurucamp:20200218122612j:image


軽量カーボンポール(予備のアタッチメントつき)ポールの頂上部はブッシュクラフトにも対応!

軽量のカーボンポールがついています。f:id:camera-yurucamp:20200218122623j:image

軽量ポールを持っていかず、その場にある木などを使って設置することも可能なため

頂上部には破れないよう補強がはいっており、ブッシュクラフト対応になっています。

 

これは、冒険家に愛されるテント!!!

完成までに3年かかったららしいっす。

f:id:camera-yurucamp:20200218122643j:image

日本はキャンプブーム。みんなに楽しいキャンプをしてもらおうと、

たくさんの機能がついた、おもしろいテントが続々とでています。

そんな中、やっぱりソロでキャンプにいくのが大好きという人も多いわけです。

私はソロキャンをしたことがないけれど、

こんなシンプルでかっこいいテントをみると、

ソロを楽しみたいという人の気持ちがわかります。


f:id:camera-yurucamp:20200218122707j:image

とても強い風のキャンプになりましたが、シマロンは当たり前のように風に耐えていました。

こんな薄いなら引き裂かれそうなものなのに、全く、傷はありませんでした。

 

ということで、 SeekoutsideのCimarronのご紹介でした(﹡ˆᴗˆ﹡)

 

よいキャンプを!!

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村