Category

RECAMP館山

  • 【夫婦でキャンプ】雪中キャンプ?RECAMP館山で最高の南国気分の冬キャンプ

    こんにちは、emicampのemiです(・∀・)前に旧館山ファミリーパーク(キャンプ場)の跡地にオープンするキャンプ場RECAMP館山の詳細情報をブログで案内しました。 [blogcard url="https://www.emicamp.com/recamptateyama/"] そのRECAMP館山でキャンプしてきた模様をお伝えしたいと思います。 フリーサイトに設営 アーリーチェックインは9時からなので9時に入りました。アーリーチェックイン料金は2,500円。高い〜涙11時に入っても2,500円と思ったら、9時に来ました。 私たち夫婦はフリーサイトに設営するので、荷物が散乱していますwカートで運んでいたんですが、駐車場と設営場所が近いため、途中から手運びの方が早いと気づき、手で搬入しはじめました。 草むらがあったのですが、そこに獣道ができていたのでそこを通って設営しました。 南国感あふれる雰囲気!こんな感じにテントの撮影ができてテンションがあがります。 フリーサイトかフリーヒルサイトか迷ったのですが、フリーサイトにしました。フリーヒルサイトはキャンプ場の中でも高い位置にあるので見晴らしが少しいい感じなのですが、段差や凹凸が多いのと、荷物をカートで運ぶのが重いテントだと厳しいかな?と考え、フリーサイトにしました。 めちゃ南国気分〜〜♪何枚も写真撮っちゃいます(﹡ˆᴗˆ﹡)天気がいいように感じるのですが、、、↓こちらの写真をご覧ください テントの後ろ側を見ると〜〜暗雲垂れ込めています、、、!天気予報が晴れ→雪になっています。 [ふきだし icon="https://www.emicamp.com/wp-content/uploads/DSC03500-1.jpg" align="left" name="emi" col_border="#FD9A8B" col="#fcdcd7" type="speaking" border="on" icon_shape="circle"]雪降る感じしないし、南房総の館山でつもりことないよね〜♪降ってもぱらつくくらいかな?[/ふきだし] キャンプ場の外に遊びに行く 設営を終えて、11時前くらいでした。お腹が空いたから、ランチにでも行こう! 調べて行くことにしたのが「巴寿し」 キャンプ場から6分!近い〜〜っ。念の為、混んでいるか予約無しで行けるのか電話をしてみたら「大丈夫」とのこと。電話の女性がちょっと無愛想で、ちょっと嫌な感じに聞こえましたが、行ってみると、ただそういう声色とキャラなだけで怖い人じゃありませんでした(誤解されやすいタイプだろうなぁ) ランチに巴寿し 私が言った時は1組カウンターにいらっしゃって、和室のテーブルに通されました。(カウンターは4席、和室のテーブル席は広かったです) 大将が握ってくれる寿司店に行くのって大人になった気分ですよね(十分な年齢なんですけどw気持ち的に) 巴寿しのメニュー 私は「おまかせ寿し」夫は「おまかせコース3品」とビールにしました。 身が厚い〜〜!!イワシ、キンメ、カマス、シメサバ、カンパチ、イシダイ、ウニ、イクラ、玉子、アナゴ。 おまかせ寿しにもお味噌汁つきました!美味しかったなぁ〜こちらの巴寿しは、コーヒーも売りにしていてコーヒーをテイクアウトされる方もいました。 館山のおすすめ店舗でも、珈琲九雲を特に押していました。個人的にはビーチボーイズのロケ地が気になるところ、、、 ガソリンスタンド 大満足の巴寿しから1分もかからないところにエネオスがあります。ガソリン、灯油など必要ならば! スーパーODOYA そしてキャンパーが欲するスーパーですが、ODOYA(オドヤ)があります こちらも目と鼻の先くらいにありました。こちらは地元密着のスーパーかと思うのですが、お肉はまぁまぁ普通にある感じ。驚いたのは海鮮が充実しすぎていること。 生きているアワビとか、ホタテ、イカ、、、、旬の海鮮がたくさん。この他にも鮮魚コーナーもありました。デザートはスーパーに売っている感じのものしかありませんでした。 道の駅 アロハガーデンたてやま キャンプ場から車で1分くらいのところに「アロハガーデンたてやま」という道の駅があります。 昔、夏にここに寄った記憶が蘇りました。冬は閑散としていました。お金を払うと温室で熱帯植物を見ることができます。 ご当地サイダーとか、千葉のお土産もたっぷり売っているので、ちょっと遊びに行くのも楽しいと思います。 キャンプ場のすぐ近くに海岸への遊歩道 キャンプ場から少々距離はありますが、海へ行けます。 道路を渡ると平砂裏海岸遊歩道の看板が。道路は車がまぁまぁ通るので夏だともっと交通量が多いと思います。 綺麗な海岸でした。 キャンプ場に戻る プレオープン中だったため完璧ではありませんが、水道はお湯もでますし、トイレの数お多いし、自販機も、電子レンジもあってすごいと思いました。 夜になるとかわいい電球が何個も付いて、明るかった。真夜中はまぶしいくらいでした。消灯後もついていたような、、、。 サイトはこんな感じで設営しました。 この日はフリーサイトに5〜6組くらい?フリーヒルサイトの方はお昼すぎるとちょこちょこ入ってきて結構テントがあったように感じました。 激レアになるかもと撮影した館山ファミリーパークの受付の足場状態。これは名前部分にペンキが塗られるのかな??白色の建物はかわいいです♪ RECAMPのものだとわかるように新しい看板もありました。 薪は針葉樹700円、広葉樹900円。高いように感じますが、薪は立派でした!しっかり乾燥していていい薪でした〜! ゴミは指定ゴミ袋を買った人しか出せません。 フリーサイトに設営したテントと車の位置。このくらいの距離なので荷物の運びも楽々でした。 かなり曇ってきました。15時くらいです。この時間よりも後にキャンプ場に到着している人もいました。のんびり来る人は、きっと他で釣りとか観光とかしてからきたのかな。 松ぼっくりは海岸に行く時に拾ってきました。海岸には松の木が防風林?防砂林?の役割なのかたくさんあったので、松ぼっくりが欲しい人は探しにいってみるのもありかも。 スノーピーク サーモタンブラー470 snow peak Thermo Tumbler470 TW-470 タンブラー コップ カップ 保温保冷 真空断熱 キャンプ アウトドア【正規品】価格:4620円(税込、送料別) (2022/2/19時点)楽天で購入 スノーピークのサーモタンブラーはたっぷり入って温度もキープしてくれます♪ キャンプ場は直火禁止!芝生が綺麗です。焦がさないようにスパッタシートも敷きました。軽量にするためカーボンフェルトのシートにしています。安いし。 スパッタシート【カット済】 防炎スパッタシート カーボンフェルト F-700 耐炎繊維フェルト 33cm×33cm 厚さ5mm 国産 日本製(カットシート 厚手タイプ 不燃布 ニードルパンチ 吸音材 断熱材 焚き火シート 耐火シート)【メール便 送料無料】【防災】価格:1500円(税込、送料無料) (2022/2/19時点)楽天で購入 焚き火の風除けはあると安心です。海からの風が強いことが多いみたいです。 クイックキャンプ QUICKCAMP コンロ用 焚火陣幕-homura サンド QC-WS SD価格:11000円(税込、送料別) (2022/2/19時点)楽天で購入 デイツのランタン!黒と金がかっこいいです。 DIETZ78 デイツ7 8黒金 BLACK DIETZ 78BK-G 4−1m R.E.DIETZ社製 NO.78 MAR 【芯1mおまけ】 【フュアーハンドランタンと同スペック】 ハリケーンランタン-デイツ78 BEL012-BK-G【RCP】価格:3780円(税込、送料別) (2022/2/19時点)楽天で購入 ドッグランサイトの近くに設営したので、わんちゃん同士の吠える声も聞こえます。ドッグランサイト3つが隣接しているので、犬と犬の相性が悪かったら大変そうです。 RECAMP館山からキャンプ中にこまめにLINEがきます。夕方になると、海岸の夕日が名物で綺麗なのでみてね〜みたいな。これは、とても便利だと思いました。チェックインもチェックアウトもラインで済むのも便利です。 スーパーODOYAで買ったホタテを焼いたり 鍋をしたり、まったり夜をすごします。寒くなってきたので、テント内でおこもりキャンプに切り替え。 すっかり雲がなくなり、満点の星空になっていました! キャンプ場注意事項 21時に消火時間となります21時になったら焚き火も、ガスなど火類は使用禁止です。キャンプ場のスタッフさんが見回りに来て焚き火を消すよう言われます。 22時以降はクワイエットタイム。22時以降はライトの明かりなど小さくし、人に聞こえる声のおしゃべり禁止です。 夜遅くまで焚き火を楽しみたい、1人ひっそり炎を眺めたいという人にはちょっと物足りないキャンプ場になってしまうかも。私は早寝早起きで、静かに過ごしたいしマナーがしっかりしていた方がいい派なので、キャンプ場との要望がベストマッチしていました。 深夜に起きた出来事… 私はシュラフに入ってなかなか眠れずにいました。他のテントの声を聞いていましたが22時までは起きていてしばらくしてから静かになりました。私もいつの間にか眠っていました。 深夜2時。夫がトイレに起きたので私も一緒に行くことに。テントを開けた夫が動揺していました。 え?雪??! 結構、積雪があります。空を見ると、星空!いつ降ったの?? 猫の足跡が。こんな雪の中、せっせとテントに食べ物の物色に来ていたようです。 猫の足跡は、フリーサイトにあるすべてのテントに続いていたので、丁寧に全部回って物色していたようです。仕事ができる猫のようだ。 雪を踏みしめながらトイレへ向かいました。戻る時に他のテントから出てきた人が動揺していてすれ違う時に「ゆ、雪ですね」という会話を交わしましたww 朝起きて、昨日よりは全然積もってなくて安心しました。 昨日の南国の気分と打って変わっての真冬の景色。今回のキャンプは思い出に刻まれる念願の雪中キャンプになりました。 朝まだ日が登ってなくても雪が少しずつなくなっていっています。びしょびしょになるわけでもなく、どんどん雪が消えていく。 そんな風があるわけでもないんですが、、海の近くだから乾燥してるとかもないと思うんですが、みるみる雪が薄くなっていく 道路には雪がほとんど無いみたいだったので安心しました。 朝は手抜きで粉のカフェオレ。甘くて美味しいんです♪ 朝ごはんだって手抜きのカレーメシ。なぁんにも考えなくていいってのも楽しいキャンプ。 帰る時にはほとんど雪は残っていませんでした。キャンプ場は11時チェックアウト。キャンプ場の一番近い場所にある温泉がたてやま「千里の風」なのですが、ここのオープンが11:30〜です。もう少し市街地にある「南総城山温泉 里見の湯」は10:00〜なので、私たちはこちらの温泉施設によりました。 空いていたので入って、その後ランチへ。 漁師料理たてやまへ行きました。ここは貝焼も楽しめるらしいのですが、私たちは定食にしました。 本当は回転寿司にしようとしたんですけど、、、なんとなく気になって。普通の大衆食堂でした!味は普通ですが、小鉢やお菓子がついてきてお得感がありました。 というわけでRECAMP館山で夫婦キャンプしてきたお話でした。動画も作りましたのでよかったら見てください(・∀・) https://www.youtube.com/watch?v=oFgAik4gd2Y&t=2s にほんブログ村

  • 【キャンプ場レビュー】RECAMP館山(旧館山ファミリーパークキャンプ場)で南国気分なのに最高の冬キャンプをしてきた

    先日、最高の千葉県鴨川市の千葉キャンプを堪能したばかりなのに…またもや最高の千葉キャンプをしてきました!∩( ´∀`)∩ キャンプの模様をお伝えする前に、このキャンプ場の詳細を書いた方がいいと思いますのでキャンプ場レポしたいと思います。 元館山ファミリーパークがRECAMP館山になって新オープンする(した)キャンプ場です。館山ファミリーパークは2021年5月31日に閉園となりました。ポピーの花畑やパターゴルフを楽しめる観光客だけでなく地元の人にも人気の施設でしたがコロナの影響もあり来園者数が減り、惜しまれながら閉園となったようです。 そしてRECAMPさんの手によりキャンプ場として生まれ変わることになりました。実は本格的なオープンは2022年3月18日です。2021年7月22日より「館山ファミリーパークキャンプ場 by RECAMP」としてプレオープンしているのです。 パターゴルフも楽しめた館山ファミリーパークの元々のグラウンドをそのまま活用し、芝生の気持ちのいいキャンプサイトも作られています。 なんとプレオープン中は価格も安くなっており行きたいとずっと思っていました。前に本栖湖のSUMIKA CAMP FIELDに行ったことがあるのですが、同じRECAMPさん系列のキャンプ場だったこともあり、LINEのお知らせで「RECAMP 館山」のオープン情報が届いていたんです。 [blogcard url="https://www.emicamp.com/sumika-camp-field/"] スミカキャンプフィールド↑もすごくいいキャンプ場でした!難点といえば、キャンセル料金がかかることと、閑散期でも価格が高いということ…^^; その点、プレオープン中の新館山ファミリーパークキャンプ場「RECAMP館山」はプレオープン価格!本格オープンしたら価格も高くなるのでは?と思い2月に行くことにしました。 RECAMP館山の場所 住所 千葉県館山市布袋1210車だと富津館山道路・富浦ICより車で約25分で到着します。都心から(都庁)1時間40分ほど。2時間くらいで到着します。 予約はなっぷから! なっぷより事前予約が可能です。私が予約した時のマップは↓下記のもの。 3月18日からの新マップは↓こちらです。 新しいマップはサイトの書き込みがありませんが、つまりはプレオープンの時よりも細かくサイトが増えるようです。左側にもシャワーやトイレや炊事場ができるようなので、楽しみですね! 私たちが行った時は、・フリーサイト・フリーヒルサイト・セミオートサイト・ヤシの木オートサイト・ドッグランサイトこの5つから選択するようになっていました。 ヤシの木オートサイトは出来たばかりだったのと貴重なオートサイトということもあってから予約は空いていなくて、フリーサイトかフリーヒルサイトか、セミオートサイトの選択でした。私はフリーサイトを予約しました。 ちなみにとても個人的に残念なできことがあったのですが、プレオープン時のフリーサイトとフリーヒルサイトの値段は3,500円〜でしたが、なんとオープン後はフリーサイトは2,000円〜、フリーヒルサイトは3,000円〜と、なんとオープン後の方が安い価格設定でした(涙)繁忙期は高くなるかもしれませんが、これは、、、まさかの展開! オープンする時にはサイトが増え、オートサイトやセミオートサイトが充実する予定なので、フリーサイトやフリーヒルサイトの予約もコンスタンスに入れるために価格を下げておかないとという考えかもしれません。 受付はLINEで! 予約するとLINEで友達登録をすると受付なしでチェックインできるという情報が届きます。セミオートなど区画の説明などが必要なサイトの予約の場合は受付でのチェックインが必要ですが、フリーサイトやフリーヒルサイトはLINEでチェックイン時の説明を読み、注意事項を確認すればOK。「事前チェックイン」というのが完了します。チェックアウトもそのままLINEで「チェックアウトする」をクリックして終わりです。 そしてチェックインした後は、細かくキャンプ場の情報が送られてくるという手厚さ!夕方になると夕日が綺麗という情報や消灯時間の案内など、送られてきます。 チェックイン、チェックアウト チェックイン13:00〜18:00チェックアウト 11:00アーリーチェックインは9:00〜可能私たちの時はアーリーチェックイン料金2,500円でした。少し高い印象。なので入るなら9時から入りたいですね。 サイトの説明 私が回ったサイトの説明をしたいと思います。 フリーサイト 受付を車で入ると目の前に見えてくるフリーサイト。このフリーサイトがとても面白くて、平坦なんですが、膨らみがあります。 その膨らみにテントを張ると、なんだか丁度テントの間隔があく感じ。凹んでいる方にももちろんテントは張れるので、ふらみと凹みでテントを張ったら近い位置になります。ただ人間の感性がそうさせるのか、やっぱり膨らみの上にテントを張りたくなります。 車から荷物を運ぶのは全然大変じゃありませんでした。私はフリーサイトの駐車場から近い位置にテントを張ったからです。平坦なので奥の方のサイトもカートがあれば楽に運べると思います。 セミオートサイトの方の堤防からみたフリーサイト。遠いから大きさ分かりずらいですが、すごく広いです。工事をしている関係で工事車両がたくさん停めてありました。 炊事場とトイレの横にあり便利です フリーヒルサイト 凹凸があり設営が難しいのがフリーヒルサイト。しかしキャンプ場の中でも比較的高い場所にあるため、場所によっては見渡しがよくプライベート感も作れる感じです。 黄色のマークがフリーヒルサイトの駐車場になります。トイレや炊事場に近い場所のサイトはこちら↓ トイレに近く、さらには荷物も運びやすそうで便利に使えそうです。パターゴルフの名残を感じますが、芝生も綺麗でいい感じです。 ↑フリーヒルサイトの真ん中あたり。フリーヒルサイトの隣はヤシの木オートサイトになるので、オートサイトが羨ましくなりそう。この辺りまで荷物を運ぶのは大変そうでした。段差があるので、隣のテントは近くならなそうだし、プライベートは作れそうです。 一番奥側のフリーヒルサイト。この辺りは駐車場も近いのでセミオート間隔で使えそうです。早い者勝ちですね。 先程のサイトから少し奥に入ると景色のいいフリーヒルサイトになります。ただ荷物を運ぶのは大変かもしれません。駐車場に近い位置にテントを張られていたら、そこを通って持ってくるのもっと大変そう。 長細いサイトなのでやっぱり真ん中あたりは荷物を運ぶのがつらそうですが、その代わり景色がいい感じです。 ヤシの木オートサイト プレオープン中には貴重なオートサイト。正規オープン後はもっとオートサイトが増えるようです。 ここ、ヤシの木とテントの写真も撮影できるし、すごくいいサイト!思っていたより数があり、場所がえらべるのか気になる、、、。 フリーヒルサイト添いに作られています。 セミオートサイト 広くて平坦で使いやすいセミオートサイトインスタグラムである程度想像していたのですが、想像をはるかに上回る広さでした!!! どういう分け方になるんだろ、、、? テントが張られた夕方頃↑余裕がありすぎる!広いですが景色がいいわけではありません。小さいお子さんが走り回っても安心な場所かも。グルキャンにもいいかも? ドッグランサイト フリーサイトの横にあります。海に一番近い場所です。 ドッグランサイトはMとLがあって、Lがめちゃくちゃ広かった。ドッグランサイトに泊まりたい!って思うくらい雰囲気もよかったです。 わんちゃんいなくても泊まれるかしらw 道の駅やスーパーも近くにある 道の駅南房パラダイスはキャンプ場から車で2分。昔行ったことがあるのですが、温室の植物園もあります(有料)。 スーパーODOYAも近い!このスーパーは海鮮も充実していてびっくりしました。お肉よりも海鮮が多かったです。 温泉もある そして温泉施設もいくつかあります。たてやま温泉千里の風は一番近くにあるのですが、朝は11時30分から。チェックアウト11時からなのでチェックアウト後に行こうと思うと時間を持て余すかも? 帰り道沿いを狙った温泉施設もあります。 こちらの里見の湯は10時からなので早めに行きたい方におすすめ。 海が近いっ!サーフィンも楽しめます キャンプ場から歩いて5分ちょっとかかりますが、海へいけます。私がみに行った時は誰もいなかったのですが、、少ししたらサーファーが2人くらいやってきて波に乗っていました。 まとめ ざっとプレオープン中のRECAMP館山の紹介をしました♪私はフリーサイトを選んだのですが、もし次行くとしたら、またフリーサイトかヤシの木オートサイトを選ぶと思います。ただ、本格オープンしたらもっとサイトが増えるので、そっちも気になります♪ キャンプした模様もまたアップしたいと思います!すご〜〜〜く貴重なキャンプになりました。朝起きたら雪が積もっているという南房キャンプでは貴重な体験もできました^^すごく綺麗でした。そんなキャンプ模様もまたアップします〜♪ にほんブログ村

  • 【夫婦でキャンプ】雪中キャンプ?RECAMP館山で最高の南国気分の冬キャンプ

    こんにちは、emicampのemiです(・∀・)前に旧館山ファミリーパーク(キャンプ場)の跡地にオープンするキャンプ場RECAMP館山の詳細情報をブログで案内しました。 [blogcard url="https://www.emicamp.com/recamptateyama/"] そのRECAMP館山でキャンプしてきた模様をお伝えしたいと思います。 フリーサイトに設営 アーリーチェックインは9時からなので9時に入りました。アーリーチェックイン料金は2,500円。高い〜涙11時に入っても2,500円と思ったら、9時に来ました。 私たち夫婦はフリーサイトに設営するので、荷物が散乱していますwカートで運んでいたんですが、駐車場と設営場所が近いため、途中から手運びの方が早いと気づき、手で搬入しはじめました。 草むらがあったのですが、そこに獣道ができていたのでそこを通って設営しました。 南国感あふれる雰囲気!こんな感じにテントの撮影ができてテンションがあがります。 フリーサイトかフリーヒルサイトか迷ったのですが、フリーサイトにしました。フリーヒルサイトはキャンプ場の中でも高い位置にあるので見晴らしが少しいい感じなのですが、段差や凹凸が多いのと、荷物をカートで運ぶのが重いテントだと厳しいかな?と考え、フリーサイトにしました。 めちゃ南国気分〜〜♪何枚も写真撮っちゃいます(﹡ˆᴗˆ﹡)天気がいいように感じるのですが、、、↓こちらの写真をご覧ください テントの後ろ側を見ると〜〜暗雲垂れ込めています、、、!天気予報が晴れ→雪になっています。 [ふきだし icon="https://www.emicamp.com/wp-content/uploads/DSC03500-1.jpg" align="left" name="emi" col_border="#FD9A8B" col="#fcdcd7" type="speaking" border="on" icon_shape="circle"]雪降る感じしないし、南房総の館山でつもりことないよね〜♪降ってもぱらつくくらいかな?[/ふきだし] キャンプ場の外に遊びに行く 設営を終えて、11時前くらいでした。お腹が空いたから、ランチにでも行こう! 調べて行くことにしたのが「巴寿し」 キャンプ場から6分!近い〜〜っ。念の為、混んでいるか予約無しで行けるのか電話をしてみたら「大丈夫」とのこと。電話の女性がちょっと無愛想で、ちょっと嫌な感じに聞こえましたが、行ってみると、ただそういう声色とキャラなだけで怖い人じゃありませんでした(誤解されやすいタイプだろうなぁ) ランチに巴寿し 私が言った時は1組カウンターにいらっしゃって、和室のテーブルに通されました。(カウンターは4席、和室のテーブル席は広かったです) 大将が握ってくれる寿司店に行くのって大人になった気分ですよね(十分な年齢なんですけどw気持ち的に) 巴寿しのメニュー 私は「おまかせ寿し」夫は「おまかせコース3品」とビールにしました。 身が厚い〜〜!!イワシ、キンメ、カマス、シメサバ、カンパチ、イシダイ、ウニ、イクラ、玉子、アナゴ。 おまかせ寿しにもお味噌汁つきました!美味しかったなぁ〜こちらの巴寿しは、コーヒーも売りにしていてコーヒーをテイクアウトされる方もいました。 館山のおすすめ店舗でも、珈琲九雲を特に押していました。個人的にはビーチボーイズのロケ地が気になるところ、、、 ガソリンスタンド 大満足の巴寿しから1分もかからないところにエネオスがあります。ガソリン、灯油など必要ならば! スーパーODOYA そしてキャンパーが欲するスーパーですが、ODOYA(オドヤ)があります こちらも目と鼻の先くらいにありました。こちらは地元密着のスーパーかと思うのですが、お肉はまぁまぁ普通にある感じ。驚いたのは海鮮が充実しすぎていること。 生きているアワビとか、ホタテ、イカ、、、、旬の海鮮がたくさん。この他にも鮮魚コーナーもありました。デザートはスーパーに売っている感じのものしかありませんでした。 道の駅 アロハガーデンたてやま キャンプ場から車で1分くらいのところに「アロハガーデンたてやま」という道の駅があります。 昔、夏にここに寄った記憶が蘇りました。冬は閑散としていました。お金を払うと温室で熱帯植物を見ることができます。 ご当地サイダーとか、千葉のお土産もたっぷり売っているので、ちょっと遊びに行くのも楽しいと思います。 キャンプ場のすぐ近くに海岸への遊歩道 キャンプ場から少々距離はありますが、海へ行けます。 道路を渡ると平砂裏海岸遊歩道の看板が。道路は車がまぁまぁ通るので夏だともっと交通量が多いと思います。 綺麗な海岸でした。 キャンプ場に戻る プレオープン中だったため完璧ではありませんが、水道はお湯もでますし、トイレの数お多いし、自販機も、電子レンジもあってすごいと思いました。 夜になるとかわいい電球が何個も付いて、明るかった。真夜中はまぶしいくらいでした。消灯後もついていたような、、、。 サイトはこんな感じで設営しました。 この日はフリーサイトに5〜6組くらい?フリーヒルサイトの方はお昼すぎるとちょこちょこ入ってきて結構テントがあったように感じました。 激レアになるかもと撮影した館山ファミリーパークの受付の足場状態。これは名前部分にペンキが塗られるのかな??白色の建物はかわいいです♪ RECAMPのものだとわかるように新しい看板もありました。 薪は針葉樹700円、広葉樹900円。高いように感じますが、薪は立派でした!しっかり乾燥していていい薪でした〜! ゴミは指定ゴミ袋を買った人しか出せません。 フリーサイトに設営したテントと車の位置。このくらいの距離なので荷物の運びも楽々でした。 かなり曇ってきました。15時くらいです。この時間よりも後にキャンプ場に到着している人もいました。のんびり来る人は、きっと他で釣りとか観光とかしてからきたのかな。 松ぼっくりは海岸に行く時に拾ってきました。海岸には松の木が防風林?防砂林?の役割なのかたくさんあったので、松ぼっくりが欲しい人は探しにいってみるのもありかも。 スノーピーク サーモタンブラー470 snow peak Thermo Tumbler470 TW-470 タンブラー コップ カップ 保温保冷 真空断熱 キャンプ アウトドア【正規品】価格:4620円(税込、送料別) (2022/2/19時点)楽天で購入 スノーピークのサーモタンブラーはたっぷり入って温度もキープしてくれます♪ キャンプ場は直火禁止!芝生が綺麗です。焦がさないようにスパッタシートも敷きました。軽量にするためカーボンフェルトのシートにしています。安いし。 スパッタシート【カット済】 防炎スパッタシート カーボンフェルト F-700 耐炎繊維フェルト 33cm×33cm 厚さ5mm 国産 日本製(カットシート 厚手タイプ 不燃布 ニードルパンチ 吸音材 断熱材 焚き火シート 耐火シート)【メール便 送料無料】【防災】価格:1500円(税込、送料無料) (2022/2/19時点)楽天で購入 焚き火の風除けはあると安心です。海からの風が強いことが多いみたいです。 クイックキャンプ QUICKCAMP コンロ用 焚火陣幕-homura サンド QC-WS SD価格:11000円(税込、送料別) (2022/2/19時点)楽天で購入 デイツのランタン!黒と金がかっこいいです。 DIETZ78 デイツ7 8黒金 BLACK DIETZ 78BK-G 4−1m R.E.DIETZ社製 NO.78 MAR 【芯1mおまけ】 【フュアーハンドランタンと同スペック】 ハリケーンランタン-デイツ78 BEL012-BK-G【RCP】価格:3780円(税込、送料別) (2022/2/19時点)楽天で購入 ドッグランサイトの近くに設営したので、わんちゃん同士の吠える声も聞こえます。ドッグランサイト3つが隣接しているので、犬と犬の相性が悪かったら大変そうです。 RECAMP館山からキャンプ中にこまめにLINEがきます。夕方になると、海岸の夕日が名物で綺麗なのでみてね〜みたいな。これは、とても便利だと思いました。チェックインもチェックアウトもラインで済むのも便利です。 スーパーODOYAで買ったホタテを焼いたり 鍋をしたり、まったり夜をすごします。寒くなってきたので、テント内でおこもりキャンプに切り替え。 すっかり雲がなくなり、満点の星空になっていました! キャンプ場注意事項 21時に消火時間となります21時になったら焚き火も、ガスなど火類は使用禁止です。キャンプ場のスタッフさんが見回りに来て焚き火を消すよう言われます。 22時以降はクワイエットタイム。22時以降はライトの明かりなど小さくし、人に聞こえる声のおしゃべり禁止です。 夜遅くまで焚き火を楽しみたい、1人ひっそり炎を眺めたいという人にはちょっと物足りないキャンプ場になってしまうかも。私は早寝早起きで、静かに過ごしたいしマナーがしっかりしていた方がいい派なので、キャンプ場との要望がベストマッチしていました。 深夜に起きた出来事… 私はシュラフに入ってなかなか眠れずにいました。他のテントの声を聞いていましたが22時までは起きていてしばらくしてから静かになりました。私もいつの間にか眠っていました。 深夜2時。夫がトイレに起きたので私も一緒に行くことに。テントを開けた夫が動揺していました。 え?雪??! 結構、積雪があります。空を見ると、星空!いつ降ったの?? 猫の足跡が。こんな雪の中、せっせとテントに食べ物の物色に来ていたようです。 猫の足跡は、フリーサイトにあるすべてのテントに続いていたので、丁寧に全部回って物色していたようです。仕事ができる猫のようだ。 雪を踏みしめながらトイレへ向かいました。戻る時に他のテントから出てきた人が動揺していてすれ違う時に「ゆ、雪ですね」という会話を交わしましたww 朝起きて、昨日よりは全然積もってなくて安心しました。 昨日の南国の気分と打って変わっての真冬の景色。今回のキャンプは思い出に刻まれる念願の雪中キャンプになりました。 朝まだ日が登ってなくても雪が少しずつなくなっていっています。びしょびしょになるわけでもなく、どんどん雪が消えていく。 そんな風があるわけでもないんですが、、海の近くだから乾燥してるとかもないと思うんですが、みるみる雪が薄くなっていく 道路には雪がほとんど無いみたいだったので安心しました。 朝は手抜きで粉のカフェオレ。甘くて美味しいんです♪ 朝ごはんだって手抜きのカレーメシ。なぁんにも考えなくていいってのも楽しいキャンプ。 帰る時にはほとんど雪は残っていませんでした。キャンプ場は11時チェックアウト。キャンプ場の一番近い場所にある温泉がたてやま「千里の風」なのですが、ここのオープンが11:30〜です。もう少し市街地にある「南総城山温泉 里見の湯」は10:00〜なので、私たちはこちらの温泉施設によりました。 空いていたので入って、その後ランチへ。 漁師料理たてやまへ行きました。ここは貝焼も楽しめるらしいのですが、私たちは定食にしました。 本当は回転寿司にしようとしたんですけど、、、なんとなく気になって。普通の大衆食堂でした!味は普通ですが、小鉢やお菓子がついてきてお得感がありました。 というわけでRECAMP館山で夫婦キャンプしてきたお話でした。動画も作りましたのでよかったら見てください(・∀・) https://www.youtube.com/watch?v=oFgAik4gd2Y&t=2s にほんブログ村

  • 【キャンプ場レビュー】RECAMP館山(旧館山ファミリーパークキャンプ場)で南国気分なのに最高の冬キャンプをしてきた

    先日、最高の千葉県鴨川市の千葉キャンプを堪能したばかりなのに…またもや最高の千葉キャンプをしてきました!∩( ´∀`)∩ キャンプの模様をお伝えする前に、このキャンプ場の詳細を書いた方がいいと思いますのでキャンプ場レポしたいと思います。 元館山ファミリーパークがRECAMP館山になって新オープンする(した)キャンプ場です。館山ファミリーパークは2021年5月31日に閉園となりました。ポピーの花畑やパターゴルフを楽しめる観光客だけでなく地元の人にも人気の施設でしたがコロナの影響もあり来園者数が減り、惜しまれながら閉園となったようです。 そしてRECAMPさんの手によりキャンプ場として生まれ変わることになりました。実は本格的なオープンは2022年3月18日です。2021年7月22日より「館山ファミリーパークキャンプ場 by RECAMP」としてプレオープンしているのです。 パターゴルフも楽しめた館山ファミリーパークの元々のグラウンドをそのまま活用し、芝生の気持ちのいいキャンプサイトも作られています。 なんとプレオープン中は価格も安くなっており行きたいとずっと思っていました。前に本栖湖のSUMIKA CAMP FIELDに行ったことがあるのですが、同じRECAMPさん系列のキャンプ場だったこともあり、LINEのお知らせで「RECAMP 館山」のオープン情報が届いていたんです。 [blogcard url="https://www.emicamp.com/sumika-camp-field/"] スミカキャンプフィールド↑もすごくいいキャンプ場でした!難点といえば、キャンセル料金がかかることと、閑散期でも価格が高いということ…^^; その点、プレオープン中の新館山ファミリーパークキャンプ場「RECAMP館山」はプレオープン価格!本格オープンしたら価格も高くなるのでは?と思い2月に行くことにしました。 RECAMP館山の場所 住所 千葉県館山市布袋1210車だと富津館山道路・富浦ICより車で約25分で到着します。都心から(都庁)1時間40分ほど。2時間くらいで到着します。 予約はなっぷから! なっぷより事前予約が可能です。私が予約した時のマップは↓下記のもの。 3月18日からの新マップは↓こちらです。 新しいマップはサイトの書き込みがありませんが、つまりはプレオープンの時よりも細かくサイトが増えるようです。左側にもシャワーやトイレや炊事場ができるようなので、楽しみですね! 私たちが行った時は、・フリーサイト・フリーヒルサイト・セミオートサイト・ヤシの木オートサイト・ドッグランサイトこの5つから選択するようになっていました。 ヤシの木オートサイトは出来たばかりだったのと貴重なオートサイトということもあってから予約は空いていなくて、フリーサイトかフリーヒルサイトか、セミオートサイトの選択でした。私はフリーサイトを予約しました。 ちなみにとても個人的に残念なできことがあったのですが、プレオープン時のフリーサイトとフリーヒルサイトの値段は3,500円〜でしたが、なんとオープン後はフリーサイトは2,000円〜、フリーヒルサイトは3,000円〜と、なんとオープン後の方が安い価格設定でした(涙)繁忙期は高くなるかもしれませんが、これは、、、まさかの展開! オープンする時にはサイトが増え、オートサイトやセミオートサイトが充実する予定なので、フリーサイトやフリーヒルサイトの予約もコンスタンスに入れるために価格を下げておかないとという考えかもしれません。 受付はLINEで! 予約するとLINEで友達登録をすると受付なしでチェックインできるという情報が届きます。セミオートなど区画の説明などが必要なサイトの予約の場合は受付でのチェックインが必要ですが、フリーサイトやフリーヒルサイトはLINEでチェックイン時の説明を読み、注意事項を確認すればOK。「事前チェックイン」というのが完了します。チェックアウトもそのままLINEで「チェックアウトする」をクリックして終わりです。 そしてチェックインした後は、細かくキャンプ場の情報が送られてくるという手厚さ!夕方になると夕日が綺麗という情報や消灯時間の案内など、送られてきます。 チェックイン、チェックアウト チェックイン13:00〜18:00チェックアウト 11:00アーリーチェックインは9:00〜可能私たちの時はアーリーチェックイン料金2,500円でした。少し高い印象。なので入るなら9時から入りたいですね。 サイトの説明 私が回ったサイトの説明をしたいと思います。 フリーサイト 受付を車で入ると目の前に見えてくるフリーサイト。このフリーサイトがとても面白くて、平坦なんですが、膨らみがあります。 その膨らみにテントを張ると、なんだか丁度テントの間隔があく感じ。凹んでいる方にももちろんテントは張れるので、ふらみと凹みでテントを張ったら近い位置になります。ただ人間の感性がそうさせるのか、やっぱり膨らみの上にテントを張りたくなります。 車から荷物を運ぶのは全然大変じゃありませんでした。私はフリーサイトの駐車場から近い位置にテントを張ったからです。平坦なので奥の方のサイトもカートがあれば楽に運べると思います。 セミオートサイトの方の堤防からみたフリーサイト。遠いから大きさ分かりずらいですが、すごく広いです。工事をしている関係で工事車両がたくさん停めてありました。 炊事場とトイレの横にあり便利です フリーヒルサイト 凹凸があり設営が難しいのがフリーヒルサイト。しかしキャンプ場の中でも比較的高い場所にあるため、場所によっては見渡しがよくプライベート感も作れる感じです。 黄色のマークがフリーヒルサイトの駐車場になります。トイレや炊事場に近い場所のサイトはこちら↓ トイレに近く、さらには荷物も運びやすそうで便利に使えそうです。パターゴルフの名残を感じますが、芝生も綺麗でいい感じです。 ↑フリーヒルサイトの真ん中あたり。フリーヒルサイトの隣はヤシの木オートサイトになるので、オートサイトが羨ましくなりそう。この辺りまで荷物を運ぶのは大変そうでした。段差があるので、隣のテントは近くならなそうだし、プライベートは作れそうです。 一番奥側のフリーヒルサイト。この辺りは駐車場も近いのでセミオート間隔で使えそうです。早い者勝ちですね。 先程のサイトから少し奥に入ると景色のいいフリーヒルサイトになります。ただ荷物を運ぶのは大変かもしれません。駐車場に近い位置にテントを張られていたら、そこを通って持ってくるのもっと大変そう。 長細いサイトなのでやっぱり真ん中あたりは荷物を運ぶのがつらそうですが、その代わり景色がいい感じです。 ヤシの木オートサイト プレオープン中には貴重なオートサイト。正規オープン後はもっとオートサイトが増えるようです。 ここ、ヤシの木とテントの写真も撮影できるし、すごくいいサイト!思っていたより数があり、場所がえらべるのか気になる、、、。 フリーヒルサイト添いに作られています。 セミオートサイト 広くて平坦で使いやすいセミオートサイトインスタグラムである程度想像していたのですが、想像をはるかに上回る広さでした!!! どういう分け方になるんだろ、、、? テントが張られた夕方頃↑余裕がありすぎる!広いですが景色がいいわけではありません。小さいお子さんが走り回っても安心な場所かも。グルキャンにもいいかも? ドッグランサイト フリーサイトの横にあります。海に一番近い場所です。 ドッグランサイトはMとLがあって、Lがめちゃくちゃ広かった。ドッグランサイトに泊まりたい!って思うくらい雰囲気もよかったです。 わんちゃんいなくても泊まれるかしらw 道の駅やスーパーも近くにある 道の駅南房パラダイスはキャンプ場から車で2分。昔行ったことがあるのですが、温室の植物園もあります(有料)。 スーパーODOYAも近い!このスーパーは海鮮も充実していてびっくりしました。お肉よりも海鮮が多かったです。 温泉もある そして温泉施設もいくつかあります。たてやま温泉千里の風は一番近くにあるのですが、朝は11時30分から。チェックアウト11時からなのでチェックアウト後に行こうと思うと時間を持て余すかも? 帰り道沿いを狙った温泉施設もあります。 こちらの里見の湯は10時からなので早めに行きたい方におすすめ。 海が近いっ!サーフィンも楽しめます キャンプ場から歩いて5分ちょっとかかりますが、海へいけます。私がみに行った時は誰もいなかったのですが、、少ししたらサーファーが2人くらいやってきて波に乗っていました。 まとめ ざっとプレオープン中のRECAMP館山の紹介をしました♪私はフリーサイトを選んだのですが、もし次行くとしたら、またフリーサイトかヤシの木オートサイトを選ぶと思います。ただ、本格オープンしたらもっとサイトが増えるので、そっちも気になります♪ キャンプした模様もまたアップしたいと思います!すご〜〜〜く貴重なキャンプになりました。朝起きたら雪が積もっているという南房キャンプでは貴重な体験もできました^^すごく綺麗でした。そんなキャンプ模様もまたアップします〜♪ にほんブログ村